特定名称酒と日本酒度の分布状況

 第2回目として、いままで飲んできた特定名称酒と日本酒度との関係を分析した。分析をおこなったのは、大吟醸酒、吟醸酒、醸造酒である。この分け方は、藏元の名称をそのまま使っているので、精米度での特定名称分けはおこなっていない。サンプル数がまだ少ないので、正確なデータとは言い難いが、現状をまとめてみた。(いままで飲んだものでもデータが不明な酒は除外した)
 日本酒度と一口に言っていも、糖分などのエキス分の含有量を数値化したものであり、プラス(+)になると辛く、マイナス(−)なると甘くなるとされています。しかし、酸度など様々な要素が絡むため、一概には言えないが目安にはなるはずである。あくまで参考としてみていただければ良いでしょう。   



                           1)大吟醸酒

             データを見る限り、全てプラス(+)に偏っている。精米度をアップ
             すると辛口傾向のようである。このクラス、味も似てきているので
             しょうか?



                             2)吟醸酒 

              大吟醸と同じ傾向だが、少しだけ分布が散乱している。もう少し
              データが集まればはっきりするでしょう。



                              3)醸造酒 

              醸造酒になると更に山がつぶれ、全体的にばらついてきている。
              このクラスの方が、味にバラエティがあようである。
 

98/11/21 作成