今日の駄文

ガンパク14 その2

・2017年11月19日

 鳥取行2日目。
 宿泊施設がビジネスホテルじゃなく旅館だったので、久しぶりの純和風朝食です。メインは太刀魚の一夜干し。漁港に近い新鮮な証拠ですね。

20171119-001.jpg(13935 byte)

 さて、恒例の例の場所に向かう前に今年は道中ちょっと寄り道。『因幡の白兎』で有名な白兎神社です。

20171119-002.jpg(10964 byte)20171119-003.jpg(11755 byte)20171119-004.jpg(13223 byte)20171119-005.jpg(7608 byte)20171119-006.jpg(8442 byte)20171119-007.jpg(9402 byte)

 白兎が大国主命と八上姫の縁を取り持ったことで、縁結びとして有名です。『(と言っても)3人とも妻帯者だしなぁ。でも人との縁はいろいろあるからね』と言いつつお参りを済ませました。(帰ってから嫁さんに話したら『そこは夫婦円満をお祈りするところじゃ?』と言われました・・・)
 当然ながら、参道の入り口には砂像が。隠岐の島に見立てた?岩礁の上にも鳥居がありました。目の前の歩道橋の上から冬の日本海の様子など。
 神社の目の前には道の駅『神話の里 白うさぎ』が併設されており、駐車場も完備されてますのでお近くにお立ち寄りの際には是非。

 さて、毎年恒例の『砂の美術館』鑑賞です。今年は『アメリカ編』です。入り口近くに例年にはない砂像が。今年は荒天のため屋外の作品が少ない(破損?)ため、タイアップした『ウォーキングデッド8』とのことでした。(厳重に囲いがしてありました)

20171119-008.jpg(21169 byte)20171119-009.jpg(11083 byte)20171119-010.jpg(10139 byte)20171119-011.jpg(11010 byte)

 暫しご鑑賞を。

20171119-012.jpg(12188 byte)20171119-013.jpg(13003 byte)20171119-014.jpg(13473 byte)20171119-015.jpg(12752 byte)20171119-016.jpg(12027 byte)20171119-017.jpg(12427 byte)20171119-018.jpg(14425 byte)20171119-019.jpg(12710 byte)20171119-020.jpg(9807 byte)20171119-021.jpg(12608 byte)

 さてここからは、正面の砂像群で今年の売りのギミックです。何だか分かりますか?正面中央上部の砂像と下部の砂像の間、段差になっているところ。そう、実は水が流れているんです。ナイアガラの滝を模したモチーフだそうです。最初、プロジェクションマッピングかと思ってましたが、本当に水が流れてます。入り口の紹介VTRでも流れてましたが、砂像にとっては天敵の水分を敢えて使うことに意義があるとのこと。

20171119-022.jpg(13412 byte)20171119-023.jpg(12622 byte)20171119-024.jpg(11164 byte)20171119-025.jpg(15202 byte)20171119-026.jpg(9380 byte)

 その水が何処に流れていくかと言うと・・・
 その手前、回廊になっている中央部の砂像群の中を河として流れる仕組みになってます。アメリカ繁栄の印、ゴールドラッシュを支えるモノとして。

20171119-027.jpg(16168 byte)20171119-028.jpg(14648 byte)20171119-029.jpg(14011 byte)20171119-030.jpg(15971 byte)

 さて、後半戦。

20171119-031.jpg(14086 byte)20171119-032.jpg(12963 byte)20171119-033.jpg(13363 byte)20171119-034.jpg(13755 byte)20171119-035.jpg(12343 byte)20171119-036.jpg(13508 byte)20171119-037.jpg(12458 byte)20171119-038.jpg(11899 byte)20171119-039.jpg(21102 byte)20171119-040.jpg(13086 byte)20171119-041.jpg(20474 byte)20171119-042.jpg(13856 byte)

 一通り回ると、建国から宇宙開発までアメリカの歴史を辿る設定になってます。せっかくなので、3階の回廊から見下ろす構図。今年は昨年のような隠し図形等はない様子。

20171119-043.jpg(13627 byte)20171119-044.jpg(14708 byte)20171119-045.jpg(13077 byte)20171119-046.jpg(8745 byte)

 屋外の展示はこの2作品のみ。展望台から見た鳥取砂丘には相変わらずの人出。この日は寒かったのに馬の背まで行ったら凄い海風じゃなかったのかな?併設された売店の中にも砂像が。

20171119-047.jpg(9187 byte)20171119-048.jpg(7919 byte)20171119-049.jpg(9972 byte)20171119-050.jpg(9928 byte)

 さて、砂像を堪能したのでいざ昼食場所へ。途中、らっきょう畑(まゆんくさん推奨のらっきょうの花でしたが、残念ながら見頃が1週間ズレたようで、一面花畑、って訳にはいきませんでしたがそれでも綺麗でした)を抜け、いざ到着。
 もう少し暖かい時期と時間的余裕があれば一度はしてみたい浦富海岸の島巡り、その発着場内の食堂です。ここにした理由は、鳥取の冬の味覚の1つ、まゆんくさん推奨の海の幸、『モサエビ(猛者海老と書く)』を食するためです。・・・なんですが・・・私、エビ(甲殻類?)に若干のアレルギーがあるみたいなので泣く泣く回避、代わりに注文したのが『ジャンボ沖ギスのフライ定食』です(もちろん、他のお二人は『モサエビ天丼定食』。本当は生エビの乗った丼を期待してたんですが。でもエビのお刺身は付いてましたよ。あ、もちろん沖ギスのフライも堪能しました。生まれが日本海側なんで沖ギスは普通に食するものと思ってましたが、太平洋側ではあまり食さないのか見掛けないですね)。記念に回転式の干物製造機なぞ。

20171119-051.jpg(14456 byte)20171119-052.jpg(13711 byte)20171119-053.jpg(21255 byte)

 お腹も満たしたし、いざガンパク会場に。ここでハプニング その3。この日は運悪く駅伝大会の日、しかもゴール会場がすぐ傍の鳥取県庁、更にはゴール予定時間が会場到着時刻と重なるという不運。会場駐車場は駅伝関係者の車でいっぱいと想定し、少し離れた『わらべ館』へ。本通りが駅伝で封鎖された影響で裏道に若干影響が出てましたが無事到着。そのまま単なる駐車場代わりに使うのも悪いので、時間も余裕があることからわらべ館も見学することに。
 実はこのわらべ館、存在は知ってましたが鳥取に居る間に一度も来たことがなかったんですよね。そのわらべ館ですが、『童謡・唱歌とおもちゃのミュージアム』と銘打っており、古今東西・日本と世界のおもちゃを展示しています。昔懐かしい木のおもちゃから各国のパズル、リカちゃん人形にシルバニアファミリー、マトリョーシカまで。男の子にはライダーのソフビ人形にトミカのミニカーからガンプラまで。ちょっとした罪滅ぼしのつもりで入った感はありましたが、意外にテンションが上がっちゃって(笑)2Fには体感できるおもちゃのコーナーがあるんですが、子供たちよりもおば様たちの団体の方が堪能してないか?って具合。

 そろそろ私のフライトの時間が迫ってきたのでガンパク会場まで向かい(案の定、隣接の駐車場は待ちが出るほどいっぱいでした)、展示作品を回収、一路鳥取コナン空港まで。
 ここでハプニング その4。いつもなら人が並んでいることがなかった荷物預け入れ受付に長蛇の列。まだ10人ほど並んでいるのに『保安所通過までの残り時間は15分』の放送。それで気が焦ったとは思いたくないんですが、財布や携帯電話は外したものの
 探知機:『ピンポーン!』
 私:あ、鍵束忘れてた
 探知機:『ピンポーン!』
 私:あ、小銭入れが
 探知機:『ピンポーン!』
 私:あ、デジカメの予備バッテリーがポケットに
 探知機:『ピンポーン!』
 私:あ、デジカメがポシェットに
・・・何やってんだか・・・不審者として警備員に別室に連れて行かれても文句が言えない・・・(更にはまっさらのペットボトルも持ってたからなぁ)

 その後は無事フライトして一路羽田空港まで。『羽田空港に向けて降下開始しました』のアナウンスが流れたんですが、何かいつもよりかなり早い時間。凄い順調に飛んだのかと思ったら、ここでハプニング その5。タラップを降りたら目の前には何故かバス。周りを見渡すと空港ビルが遥か彼方。思い返してみると、アナウンスの中で『空港到着後、皆様を「バス」で到着ロビーまでお送りします』と言ってたような。そんな訳で、滑走路内を送迎バスで走るという貴重な体験でした。

 あとは最寄り駅まで高速バスで帰るだけ。バスターミナルで待っていると、ここでハプニング その6。到着予定時間の15分前になって『アクアライン渋滞のため、到着が遅れます』との一報。15分が経過して『折り返し横浜駅発のバスが未だ到着せず。時間予測は不可能』との報。更に15分が経過した時点で、同じバスを待っていた私たちに『立ちっ放しで待ってもらうのは申し訳ない。近くのロビーで座って待っていても可。バスが来たら呼び掛けるから声の聞こえる範囲に居て欲しい』とのこと。お言葉に甘えて待つこと30分、ようやくバスが到着しました。乗り込んだところでバスの運転手が一言。
 『何、今まで待ってたの?電車で帰ればいいのに』
・・・余計なお世話。こっちにも事情ってもんがある!早めに見切りを付けて電車にしても、最寄り駅到着時刻は1時間程度の遅れなら大差ないし、大きなスーツケース抱えての電車は大変だし。親切心から出た言葉だろうけど、もう少し言い方ってもんが(ああ、別に怒っちゃいないよ)。

 そんなこんなで、今年のガンパク、鳥取行も無事終了。今年もいろんなことがありましたが、1年に1回のことだし貴重な経験になりました。
 さて、来年のガンパク15ですが、
 ・2018年12月1日(土)、2日(日)
の2日間に決まったそうです。丸っと1年の猶予がありますが、12月かぁ・・・雪、大丈夫かなぁ・・・

■ 最近のお買い物 ■
日付 作品 作者 出版社
10/08 はやて×ブレード2 5 林家志弦 集英社
10/08 GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン X <上> 川上稔 電撃文庫
11/03 ヒマワリ:unUtopial World 5 林トモアキ 角川スニーカー文庫
11/03 史記・留候世家異伝 龍師の翼 6 川原正敏 講談社