大会2つ分の達成感と疲労が襲ってきて心身共にヘロヘロなので暫く療養します。

   2017/09/09 (土)
朝起きて仕事行って帰ってきて寝る、という人生に何の喜びも見出さない生活を送る。
まぁそのおかげで「余暇に何かしてやろう」という気がちょっぴり芽生えてきた。良き哉良き哉。

でもオイラの"やる気エンジン"は波動エンジンのように起動には莫大な力を要するようで「ちょっぴり芽生えてきた」程度で体は動かず、 予定していたブロック注射も度の合った眼鏡の新調も出来ずに過去日記の文章化と昼寝を繰り返して1日が終わりました。

まぁ気ままに過ごすわ。

   2017/09/06 (水)
痛めた腰の調子が快方に向かっているような気がしていました。
あー来月あたりからコルセットなしでも生きていけそうだなー、という感触があり、 最近は15時を過ぎる頃からコルセットを外して生活していたのですが、ここにきて容態急変(泣)

外していたコルセットを再装着する憂き目となりました。
週末はまたブロック注射かなぁ。

   2017/09/05 (火)
リハビリは続く。
「スパイダーマン ホームカミング」
ベルリンの戦いでキャプテン・アメリカから盾を奪って大興奮のスパイダーマン=ピーター・パーカーはそわそわと学生生活を送り、 再び声がかかるのを待ち望みながらトニースタークから贈られた特製スーツに身を包み、ニューヨークをパトロールする日々を送っていた。 ある日、不穏な光を発する場所に行くと、そこは武器取引の現場だった・・・(あらすじ抜粋)

厨二病花盛りなお年頃の男の子の自己顕示欲、承認欲求が画面溢れる作品という第一印象。
「認められたい」一心でやり過ぎるし空回りするピーター・パーカー。特製スーツをハッキングしてリミッターを解除してしまうピーター・パーカー。 事件を一人で解決しようとして大事件になってスーツを取り上げられるピーター・パーカー。
緊張しいなのか興奮しいなのか声変わり前の高音でどもりまくるセリフは耳に痛くて、 だんだんイライラしてきたのですが、これはオイラに充分な睡眠時間かカルシウムが足りてないのかも知れません。

彼を諭すのが自己顕示欲の塊のトニー・スタークというのは何の冗談だ?と笑いながら観ていましたが、 スーツを取り上げられてからの自分の力以外に頼らず奮闘する姿は格好良かったです。若いって素晴らしい(爆)

それはそうと、アベンジャーズの新しい基地が科学特捜隊っぽくなっていてウルトラホークみたいな戦闘機が発進していきましたよ。 ・・・ウルトラマンが出てきそうで心配です(笑)

   2017/09/04 (月)
いつも利用している公園地下の駐輪場にこんなポスターが貼ってありました。

「にいじゅく39(さんきゅー)まつり」
日時:10月01日(日)10:00−15:00 ※雨天決行
場所:アムネかつしか、コパン・ビオラ

オイラの足を止めたのはここにロボットのコーナーがあって東京理科大学無線研究部が担当するってところ。 ちょっと自分のロボット持って賑やかしに行こうかな?

   2017/09/03 (日)
部屋に篭って「思い立ったが吉日」の更新に努める日。
まだまだ快調に筆を走らすまでには回復していませんが、調子が悪い時に普通に書けるのがプロですから。<何を目指してる?!

リハビリに映画を観て来ました。昼間の上映しかやらなくなって週末じゃないと観られない作品を。
「トランスフォーマー 最後の騎士王」

人類とトランスフォーマーが反目し合い、オプティマス・プライムが姿を消した世界に地球存亡の危機が迫る。 オプティマスの後を継いでオートボットを率いるバンブルビーと唯一の味方、発明家のケイド・イェーガーは謎多き貴族の老人に導かれ、 はるか過去から続くオートボットの戦いの歴史を知る。それは地球が狙われ続ける真の理由だった(あらすじ抜粋)

相変わらず情報密度の高いオートボット。そんな小さな部品まで動かすんじゃないよー、と思うのは毎回。 冒頭で爆破四散したバンブルビーが、部品が勝手に集まって元の姿に再生するんですけど、それやったら何でもアリじゃーん!と思い閉口。 そのくせ声は元には戻らんのね。でもこの「声」が物語の重要な鍵に。

今回、オプティマス・プライムが敵側になりますが、向こう側につく過程もこっち側に戻ってくる過程もなんかアッサリと描かれた感じ。 そして最後は司令官然として皆に指令を出すのよ。それほど信任厚いのかよオプティマス。単純に信じていいのかよ人類。
話のメインじゃなかったんでしょうけど、もう少し手間掛けても良かったんじゃないの?と個人的にそう思うのです。

唐突に「つづき」から始まって、前回の内容を全く思い出せない自分がいました。
オイラの記憶力が弱いのか他の映画を観すぎているのか・・・。トランスフォーマーはどこかで通しで見返さないと駄目だな(汗)

   2017/09/02 (土)
Googleを立ち上げたら何やら派手な画面が。
なんだ?なんだ?今日は何の記念日だ?誰の生誕祭だ?と思ってカーソルを当てたら、祝われていたのは自分でした(爆)
こんなサービスもしてるのね。ビックリしたわ。

でも、HAPPY BIRTH DAY TO ME.誕生日おめでとうオイラ。
そして当サイト『思い立ったが吉日』は14周年です。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突ルウム会戦」
宇宙世紀0079年。コロニー落としで世界の人口の半数を死に至らしめたジオン公国軍。劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。 交錯するザビ家の陰謀。変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス。サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れようとしていた。 そして、復讐に駆られたシャア・アズナブルの「ルウム会戦」がついに始まる。 (あらすじ抜粋)

舞台挨拶のライブビューイング回を選んでTOBBYさん誘って観に行きました。
「自分の家族や若い頃は解らず演じてましたが…昔からワルでしたね。」
「今更な話ですが、もう少し父上や兄弟に優しい言葉を掛けていれば…」
銀河万丈さん、面白い方です。
「じゃあ皆さんで『ジーク!ジオン!』の掛け声を」
「ぼ、僕達『連邦軍』なんですけど、いいんですか?」
だんだん古谷徹がアムロ芸人になってきた気がする(笑)

来場者記念にミニ色紙をもらったんですが、オイラ達の第一声。
「これ、"トニーたけざき"じゃないよね?」
最近はイタコ漫画家が巷に溢れてるからねぇ。(ちゃんと安彦さんの色紙です)

   2017/09/01 (金)
もんじゃー!
去年は誰も集まりませんでしたが、今年は総勢13名の参加者が集まってくれました。
1日遅れの「TOBBYさんお誕生会」です。

幹事なオイラは2時間の遅刻。
単体テストの(ケースと結果の)レビューを1.7人日の工数で割り振られたんですけどスケジュールまでは決められていなくて、 念のため確かめたら「1.7人日だから1.7日ってところじゃないですか?」と言われて今日中に終わらさないといけない雰囲気に。

すっかりタイミングを失した状態で入店し、空気を読まずにケーキをプレゼント。
誕生日おめでとうございます。
そして翌日はオイラが誕生日なので自分用のケーキで寂しくお祝いしたのですが、ケーキ見て竹西さんが叫ぶくらいに有名なケーキだったらしいです。
よしよし、甘いものへの審美眼はまだまだ曇ってないぞっと。

「プラレスなんてやってる場合じゃない!今、時代はGガンダムだ!」
と舌鋒鋭くTOBBYさんが主張し始め、大河原杯メカバトルトーナメントよろしく、誰にどんなガンダムで登場してもらいたいかーなんて話題で盛り上がりました。 大会オープニングで選手一同が並んでる時に、下手から赤いハチマキにマント姿のHolypongさんが写真を持って現れ、「この男を知ってるか!」と選手を次々殴りながら上手に抜ける、とか。 イガアさんはネオロシア代表だとか。くぱぱさんには是非、覆面忍者を!とか。とかとか。
道楽、さんには是非メキレルのコスプレしてマンダラガンダムで参加して欲しい〜!という意見には
「これのどこが俺に似てるんだ?」と困惑していました。
ちなみにTOBBYさんは「皆さんお待ちかね〜」のあの人を演るそうです。

店を出たら結構な雨降りでしたけど楽しい時間でした。皆様ありがとうございました。