ダイソン DC24 インプレッション

 

  

 

 

すばらしいギミック感じゃないか!

  掃除 => めんどくさい => つまらない

という掃除機の世界に、

おもしろさ

という新しい感覚を持ち込んだDC24はすばらしい。

「ゴミを吸い込む」だけの物体が、こんなにメカメカしている必要があるか?

いくらヤッターマンがリメイクで再放送され始めたからといって、掃除機がヤッターマン並みにメカメカする必要があるか?

贅沢の本質は、無駄な事にお金や労力をかける事なのだから、こんなすばらしい贅沢はない。

しかもこんな贅沢をしても、自動車などの贅沢とは違って環境を壊すわけでもなく、エコ時代にマッチしたすばらしい贅沢じゃないか。

「値段が高いんじゃないか?」

という点は、確かに即答で、高い。

アメリカではたった400ドルのDC24が、日本で約7万円と、相変わらず日本という国を馬鹿にしている値段だ。

いくらユーロ高(2008年3月現在1ユーロ約160円)とは言っても、円もドルに対しては1ドル約100円とそれなりの強さは持っている通貨だ。

「日本人は高くても買う」

と足元を見られているのは間違いない。

また、「掃除のしやすさ」という点でも、決して「使いやすい」とはいえない。

約5kgと重いために、段差を乗り越えたり、床の物を跳び越して移動したりという事が出来ない。

しかし、使ってみれば分かるが、とくかく動きがおもしろい。掃除機を使ってみたくなるわけで、言い換えると

「掃除がおもしろい」

俺が買うことを決めた最大の理由は、サイクロンの部分ではなく、ボールの部分だ。

DC24のボール部分は、ダイソンさんが昔作ったネコ車の思考から応用されたものらしいです。すばらしい。。。

 

このボールの動きと掃除機の関係は、人間の「重心と体」の関係とよく似ていて、重心を思考の中心に置いて、掃除機の機能を考えている点が、俺の主張する

重心移動ベクトル化運動理論

のイメージとしっくり一致する。

ここ最近、「重心移動ベクトルか運動理論」を固めるために、日々、自分の丹田にある筋肉を丸いボールのようなイメージで丸めて使って泳いでいる所に、大学時代から20年近くも使い続けた掃除機が先日壊れ、そこにこのダイソンDC24新発売のテレビCMを見たもんだから、これは

「買え」

という運の流れだと思って買ったわけだ。

俺のHPの水泳部分に興味を持って見ているのではなく、「ダイソン DC24」でググってやってきた諸君には「重心移動ベクトル化運動理論」とか「運の流れ」などと言われても何の話かも分からなければ、

「俺の頭の中で、物事がどうリンクしているか?」

なんて事は、どうでも良い話だろう。

いずれにしても

「重心はころころ転がって、実際に機能するのは、重心と違う部分」

というDC24の動きや思考が、運動でいう所の

「重心を中心にして姿勢を作り、実際に推進力を生み出す所は、手や足」

という所が俺の頭の中でリンクしていて、購買意欲をそそられ買ったのだ。

ボール部分だけでなく、他にもメカ的要素があって、日本の掃除機にはない面白さがある。

まるでガンダムのようなメカ的面白さだ(俺はガンダムは別に好きでも嫌いでもないけど)。

男ならきっとおもしろいと思うはずだ。

旦那に掃除をさせたい奥様、旦那におもちゃを買ってあげて、掃除までやってくれるようになるんだから、これは買い与えるっきゃないっすよ!

 

2008.03.30