上級者の平泳ぎ (ブレスト)

〜 モーターボート泳法からスライド泳法 〜

 

進化の歴史

1.

  平泳ぎの基本姿勢
新旧泳法の見た目の違い
 

2.

  目指すべき泳ぎの方向性
「フラットな泳ぎ」と「上下動してうねる泳ぎ」のどっちが有利か?
 

3.

  平泳ぎの進化の歴史
「ウェーブ泳法」誕生までの歴史
 

4.

  フラット泳法への回帰
「上下動泳法」から「フラット泳法」への回帰
 

5.

  足の引き付けタイミング
基本姿勢の違いから来るタイミングの違い。
 
平泳ぎの泳ぎ方

6.

  プル動作
プルは、アゴの前で開いて閉じるだけ
 

7.

  キック動作
後ろにまっすぐ押すだけ
 

8.

  推進方式の進化
フィニッシュ!式間接推進方式から、直接推進方式へ進化した
 

9.

  スライド泳法
スライド移動し、水面を滑る感覚で泳ぐ
 

10.

  スプーン泳法
スライド移動してフラットに泳ぐ、泳法イメージ
 
 

 

私の持っている感覚やイメージを多く載せています。

私は1980年代の水没禁止時代の泳ぎが染み付いた古い時代の選手であるため、1980年代の泳ぎから、2008年の現代風の泳ぎへ移行するために必要な感覚を多く記述しています。

1980年代の選手には役に立つ感覚情報だと思いますが、若い現役世代には無用の感覚も多いでしょう。

2008.11.20

 

このページを作った2008年当時は、理屈は理解できても、私自身が実際に泳ぎで表現できず、分からない感覚が多かったのですが、その後、自分自身の泳ぎでかなり表現できるようになり、タイムも上がってきたため、2011年に大幅に修正しました。

2011.04.10