伏し浮き(基本姿勢)

重心移動ベクトル化運動理論 競泳基本姿勢応用編

 競泳選手は絶対に出来なくてはならない!

(伏し浮きが出来るようになり、蹴伸びが15M行くようになった。2009/11)

 

1.

  伏し浮き
伏し浮きとはなにか。その重大性。

2.

  伏し浮き = ストリームライン
ストリームライン姿勢は、21世紀に入り変わった。

3.

  なぜ、伏し浮きが必須条件なのか?
伏し浮きが出来ない事で受ける泳ぎのデメリット

4.

  フォームとの関係
伏し浮きとフォームの関係。研究者で有名なスッポン泳法。

5.

  重心移動ベクトル化運動理論的展開
重心移動ベクトル化運動理論と伏し浮き姿勢

6.

  重心と伏し浮きのヒント
重心と伏し浮きのヒント

7.

  まとめ
まとめ

8.

  その後
2008〜2009年末までの成長記録(2010年追加記事)
 

 

拒絶反応的に、「伏し浮きの重要性」を否定し受け入れようとしない、栄光ある20世紀元選手は、まず第2章を見て、その固定概念を取り払って欲しい。

2004年頃から競泳界では「伏し浮きの重要性」が比較的一般的に言われるようになった。

「伏し浮きが出来なくちゃ話にならん」

なんて事くらい、もう誰でも知っていると思っていたが、現役選手たちに、よく聞いて回ってみると、インカレ決勝クラスの学校、選手ですら

「知らない」
「知ってるけど、僕は出来ない」
「重要ですかね?」

程度の認識が意外に多かった。

最近はマスターズ選手の方が「水泳」に対して熱意を持って取り組んでいるので、マスターズ水泳界にいると、当たり前の事でも、競泳界では意外に、知られていない事を知った。

現役選手は、記録という「結果」に対する熱意に偏っているため、雑誌や本から情報を仕入れる作業をマスターズスイマーほどにはしておらず、周りからの口コミ情報に頼っているようで、所属チームによって情報にギャップがあるという事を知った。

この情報のギャップを埋めて、公平な戦いと競泳界の発展を願って、詳細にまとめてみました。

記事は長いですが、要は、伏し浮きが出来て、伏し浮きの姿勢からフォームを組み立てる発想を持てれば良いのです。

2008.02.01

伏し浮きは、現代フォームの基礎となっているものであり、その重要性は重心移動ベクトル化運動理論でも説明していますので、参考にしてください。

追記 : 2008.5.01