謎パ〜機 Lexicomp LC-8620 活用研究

 「謎パ〜」とは「謎のパームトップ」の略である。台湾や中国製などの一般にはあまり知られていないパームトップパソコンを指す。ただし、「謎」であれば製造国やメーカーは問わないかもしれない。

→謎パ〜Links
ゆきの研究室 1997.9.10からの来客者数: 000000

●待望の「謎パ〜」の本、発売!

 NECクリエイティブより「モバイルコンピューティング−手のひらサイズの端末入門−」という本が刊行されました。作者は原田秀昭氏で、本体価格1600円で販売しています。この本は現在知られているほとんどの「謎パ〜」についてひととおりの解説がしてあります。「謎パ〜」を使っていらっしゃる方、あるいは、興味のある方は必見です。

モバイルコンピューティングの表紙  目次より


●Lexicomp LC-8620とは?

LC-8620の縮小写真

 LC-8620とは、台湾の Lexicomp社が製造したパームトップPCです。日本国内では「Moving Pocket」という愛称で売られたこともあります。重さ約800g、231×120×36mmという、VHSテープをひとまわり大きくしたくらいの筐体に 40MBの HDDを搭載しています。液晶表示は 640×200ドットの CGA互換ではありますが、キーボードはタッチタイプ可能なサイズであり、外出先での書き物にはあまり不自由しません。ただし、電池の持ちが悪いのが欠点です。これは HDDを搭載した副作用と言えます。

仕様(1996年9月購入の LC-8620)

CPU F8680A 14/7MHz
メモリー 2MB
HDD 40MB内蔵(1.3inch HEWLETT PACKARD Kittyhawk)
ディスプレイ640×200ドット CGA互換
キーボード US仕様 78キー
PCMCIA Type2×1(S-RAMカードとSandisk社製フラッシュATAのみサポート)
バッテリー 単三 Ni-MH×3本(アルカリ電池は使用不可)
I/F シリアル×1 パラレル×1 FAXモデム(2400/9600)内蔵
サイズ 231×120×36mm
重量 約800g

●初級編

  1. 基本的な設定
  2. 日本語化
  3. ケースに凝る
  4. バッテリーと充電器
  5. モデムカードと「巻き取り君」
  6. フラッシュ ATAカードの導入

●中級編

  1. HDDを圧縮
  2. キーボードにグリースを
  3. コネクターの下をカット
  4. インターネットする その1 PPP
  5. インターネットする その2 メール
  6. 携帯電話・PHSの利用

●上級編

  1. 小型の ACアダプターを探す
  2. ROMの交換
  3. LEDの交換
  4. RAMの増設

●番外編・ディスプレイケーブルの交換


→トップページへ戻る