パラマウント・スタジオ

日時

1999.11.23

住所

5555 Melrose Avenue

Hollywood, CA 90038

電話

323-956-1777

MAP

ハリウッドを訪問して、「ユニバーサル・スタジオ」だけというのも味気なかったので、他のスタジオの見学を検討しました。 ホテルにあるパンフレットから見てスタジオを公開しているのは、

の3つが有り、ガイドブックに記載されていた「フォレスト・ガンプ」のベンチがあるということから、パラマウント・スタジオに行くことにしました。

 当日は、快晴でホテルからタクシーに乗って「パラマウント・スタジオ」と告げると、あまり行ったことがないのか少し戸惑った様子で、パンフレットを見せて確認してもらいました。運転手はMelrose Avenueにあるということで、通りの名前を言うのですが、”メルローズ”を”メローズ”と発音していました。

 そんでもって無事「パラマウント・スタジオ」に着いたのですが、ツーリスト用のエントランスがあるわけではなく、タクシーは正門からゲートをくぐり入ったところで降りました。ツーリスト用の窓口は正門横の小屋の中にありました。そこで、正門までもどってスタジツアーの受付に行って9時30分からのツアー予約をしたのですが、ガイドブックやパンフレットにはツアー料金15ドルと記載していたのですが、何も請求されないままに受け付けられ、結局タダで参加することができました。(スタジオ内部から来た様に思われたからゲストとして請求されなかったのかなと思ったりもしましたが、なぜでしょうか)

 このツアーは「パラマウント・スタジオ」の内部を、徒歩で2時間かけてゆっくり案内してもらえるツアー。その日のガイド担当者、撮影スケジュールによって見学できる場所が違ってくる同ツアーでは、「舞台裏をのぞく」感覚をじっくり味わうことができるということです。

 パラマウント・スタジオは、他の大手スタジオがカルバーシティやバーバンクに拠を移したにも関わらず、いまだハリウッドの地に現存する唯一のスタジオです。そのためか比較的敷地面積が小さなスタジオです。

 当日のツアー参加者は私たち夫婦と中国人のカップルの4名。この4人に専用のガイドさんがついてスタジオのツアーを行いました。スタジオ内はすべて徒歩でトラム等の乗り物はなく、本当にスタジオのスタッフの様な気分でガイドの案内で歩き回ることができました。ただし、ガイドの人の英語は十分にはわからなかったのですが。

ロケ現場(ストリート)

パラマウントが受賞したトロフィー

 ツアーの中身については、以下のものがありました。

最初はスタジオの1室にある試写室でパラマウント・ピクチャーズの歴史を示す20分ほどの映画を鑑賞。

公開方式のテレビドラマのスタジオを見学(見学席があって、ここで見学してる人たちの笑い声を収録できようにマイクが設置されていた)

通りのセットへ。ニューヨーク・マンハッタンの町並み撮影としてよく利用されるこのセット見学(映画「ゴースト」でパトリック・スウェイジーが殺させるシーンが撮影されたのもこことか。)

撮影で使用される様々な衣装を用途ごとに集めた「コスチューム・デパートメント」。入り口に「フォレスト・ガンプ」でのトム・ハンクスのシャツや、「スネーク・アイズ」のニコラス・ケイジのアロハなどが吊るされていました。(「スネーク・アイズ」はタッチストーンのはずですが)その他「釣り用」「子供用」「ローマ風」などと分類され、ずらりと吊るされている眺めには圧倒されるほどです。

多くの小道具を集めた部署の見学もあり、「スタートレック」などの小道具が通路に並んでいました。

次に、昔は水が貯められ、海のシーンの撮影に使用された場所を見学。バックにそびえたつ空のセットだけはそのままで、当時の雰囲気をしのばせる。今は駐車場として利用されている。「ウオーターワールド」の撮影もここで行ったそうです。

最後に、「フォレスト・ガンプ」のベンチです。以外としっかり作っていて、記念写真を撮りました。

また、スタジオ・ショップがあって、「ユニバーサル・スタジオ」でなく「パラマウント・スタジオ」のグッズはあまりないだろうと思いグランド・コートを購入しました。

 

パラマウント・スタジオの参加パスです
ツアーの間腕に巻きます。参加時間で色が違うようです。

 


ロサンゼルス旅行indexへ