「敬天愛人」について



西郷と菅の銅像(写真)
庄内藩家老・菅実秀と西郷隆盛の銅像(鹿児島市)


 本サイトのタイトルともなっている「敬天愛人(けいてんあいじん)」という言葉は、西郷隆盛が好んでよく使い、揮毫した言葉です。
 「天を敬(うやま)い、人を愛する」と読むのですが、この敬天愛人という言葉には、西郷の自己修養のための指針(目標)と、彼の信仰的とも言える天命への自覚という考え方が含まれています。
 西郷のことについて余りよく知らない方には、少し話が難しくなりましたが、西郷が目指した「敬天愛人」という考え方を、これから出来るだけ簡単に説明していきます。


(西郷と庄内藩士の交流)
 『南洲翁遺訓(なんしゅうおういくん)』という一冊の書籍があります。
 これは西郷に心服していた旧庄内藩士達が、西郷から直接聞いた教訓等を一冊の本にしてまとめ、刊行したものです。
 庄内藩と言えば、鳥羽・伏見の戦いの契機ともなった江戸薩摩藩邸の焼き討ちを行った主力藩であり、戊辰戦争でも執拗果敢に薩長を含む新政府軍に抵抗した藩です。
 そのため、庄内藩主並びに藩士らは、新政府軍に降伏した際、厳罰な処分が下ることを覚悟していたのですが、参謀の薩摩藩士・黒田了介(くろだりょうすけ。後の清隆)は、庄内藩に対し、極めて寛大な処置を取りました。
 黒田の温情ある処置に対し、庄内藩士は非常に感激したのですが、実はこれらの処置は、西郷が陰で黒田に指示して行わせていたのです。
 そのことを後日知った旧庄内藩の人々は、西郷を大変慕うようになり、明治になると、西郷を東京や鹿児島に訪ね、教えを請うようになりました。
 明治3(1870)年8月には、旧庄内藩主・酒井忠篤(さかいただずみ)は、薩摩遊学を計画し、旧藩士七十六人を引き連れて、鹿児島の西郷の元を訪ねました。酒井忠篤と旧庄内藩士らは、翌明治4(1871)年3月まで鹿児島に逗留し、西郷に教えを請い、薩摩の軍事教育などを学んだのです。
 また、後年に勃発した西南戦争にも、旧庄内藩からの留学生二名が薩軍に参戦し、戦死しています。これほど、西郷と旧庄内藩士との交流は、大変深いものだったのです。


(南洲翁遺訓の発行)
 明治22(1889)年2月11日、大日本帝国憲法発布の特赦により、西南戦争での西郷の賊名が除かれたのですが、その際旧庄内藩士らは、西郷から学んだ様々な教えを一冊の本にしてまとめ出版することにしました。

「西郷の教えを朽ちさせてはならない」

 という考えの元に、旧庄内藩の人々は、西郷の遺訓を世に多く広めるために、『南洲翁遺訓』という書物を発刊したのです。
 このように、『南洲翁遺訓』は、旧庄内藩士らの情熱と努力によって発行されたものでした。
 そして、この遺訓の中に、西郷が終生、自己修養の目的とし、信仰的な天命自覚の哲学として考えていた「敬天愛人」のことが書かれています。
 遺訓の第二十四にこうあります。
(『南洲翁遺訓』は、岩波文庫で発売されていますので、是非読んでみて下さい)


「道は天地自然の物にして、人はこれを行うものなれば、天を敬するを目的とす。天は我も同一に愛し給ふゆえ、我を愛する心を以て人を愛する也。」
(現代訳)「道というのはこの天地のおのずからなるものであり、人はこれにのっとって行うべきものであるから何よりもまず、天を敬うことを目的とすべきである。天は他人も自分も平等に愛したもうから、自分を愛する心をもって人を愛することが肝要である。」
(西郷南洲顕彰会発行『南洲翁遺訓』より抜粋)



 少し理解するのが難しいかも分かりませんので、私なりに簡単に解釈して説明します。
 天とは、すなわち「この世の中を創造し、万物を育成しているもの」、キリスト教で考えるならば、「神(ゴット)」と同じ概念になると思われます。

「人それぞれには、天から与えられた「天命」というものがあり、それに従って、人は生きているのである。だからこそ、人はまず天を敬うことを目的とするべきである。天というものは、「仁愛」すなわち人々を平等に、かつやさしく愛してくれるものであるので、「天命」というものを自覚するのであれば、天が我々を愛してくれるように、人は自らも他の人に対して、天と同じように、「慈愛」を持って接することが何よりも必要である」

 かなりの解釈を加えましたが、「敬天」つまり天を敬うということは、「愛人」つまり人を慈愛するということにつながる、この「敬天」と「愛人」とは、実は同じ意味を持つ、相通じるものであるのです。
 このように「敬天愛人」という言葉には、西郷の終生の自己目標が語られています。
 つまり、それは仁愛の人になるということです。天と同じように、誰へだてなく愛情を注ぎ、そして自らを厳しく律し、無私無欲の人であることを、西郷は終生心がけたのです。

 そしてまた、「敬天愛人」には、西郷の天命を自覚するという考え方が表れていると言えるでしょう。

「人は天命というものを天から与えられ、それに従い生きているのである

 西郷の生涯をつぶさに見ていると、西郷の行動全ては、この「敬天愛人」の言葉の中にある、天命への自覚というものに準拠されています。これは一般に謎が多いとされている西南戦争における西郷の行動にも、色濃く表れています。それほど、この「敬天愛人」という言葉は、西郷を理解する上で、非常に重要なものであると言えるでしょう。
 それでは、なぜ西郷がこのような天命への自覚に目覚めたのでしょうか。これには一つの事件が契機となっています。


田原屋跡(写真)
月照が宿泊した使者宿・俵屋跡(鹿児島市)
(西郷の入水)
 安政5(1858)年11月16日、西郷は僧・月照(げっしょう)と共に、鹿児島錦江湾の海に投身自殺をはかりました。
 薩摩藩の朝廷工作に関わっていた京都清水寺成就院の住職・月照は、井伊大老が行った「安政の大獄」により、その身が危険になりました。井伊大老は、反幕府と見られる行動を取った人々を、根こそぎ処罰しようと考えていたのです。
 月照は、「将軍継嗣問題(13代将軍家定の跡継ぎを巡る問題)」や薩摩藩主・島津斉彬(しまづなりあきら)の率兵上京計画等に、薩摩藩と公家の近衛家との仲介役として大いに働いていた経緯があり、そのため幕府に睨まれる存在となったのです。
 そんな月照の身を案じた西郷は、月照を守るべく薩摩藩内に匿うことを計画しました。
 しかし、藩主・島津斉彬の急死により、薩摩藩の方針が大きく変わったため、藩政府は月照の庇護を拒否したのです。
 また、あろうことか、藩政府は西郷に対し、月照を藩外に追放するように命じました。安政の大獄の余波を恐れた薩摩藩政府の対応は、このように冷たいものだったのです。

 西郷は、月照が薩摩藩のためにどれだけ大きな努力をしてきたのかをよく知っており、薩摩藩には月照を保護する義理があることを藩政府の要職にあった人々に説明しました。
 しかし、月照を匿うことによって、幕府に睨まれることを恐れた藩政府の態度は、とうとう変わることが無かったのです。
 月照を藩外に追放するという藩政府のやり方は、西郷にとっては許せないことでした。しかし、薩摩藩士として、藩政府の命令に歯向かうことも出来ません。また、幕府の捕方がいる藩外に月照を連れていくというようなことも、西郷としては当然の如く出来ませんでした……。
 この事態に絶望した西郷は月照と相談し、二人は相伴って寒中の海に身を投じたのです。
 結果、月照だけが絶命し、西郷は奇跡的に助かりました。
 一人生き残った、死にきれなかった西郷の苦しみというのは、いかばかりであったでしょう……。
 共に身投げした相手が死に、自分だけ一人が生き残ったのです。武士として、そして一人の人間として、これほどの恥辱と苦しみはなかったことでしょう。
 西郷は気が狂わんばかりに、悩み苦しみました。今からでも月照の後を追って、死にたいとも思ったでしょう。現に西郷家では、西郷の周辺から、刃物類を一切隠したと伝えられています。
 このように苦しみに苦しみ抜いた西郷は、ようやく一つの考え方に行き着きます。

「こうして自分一人だけが生き残ったのは、まだ自分にはやり残した使命がある。だからこそ、こうして天によって命を助けられたのだ」

 天が自分一人だけを助けたのは、天が自分に何か大きな使命を与えているからだと考えることによって、西郷はようやくその苦しみから抜け出すことが出来たのです。
 そして西郷は、自分が天によって生かされたという、天命への信仰に目覚めるのです。

 このように月照との投身自殺が、冒頭に述べた「敬天愛人」への思想へとつながっていくのです。
 そしてこの後、西郷はいかなる艱難辛苦を何度も味わおうとも、決して自ら命を断つということはしませんでした。

「自分の使命が終われば、天は自分の命を奪い去るであろう、天が自分を生かしてくれる内は、自分にはまだやらなければならないことがあるということだ」

 西郷はそんな風に考え、月照との自殺未遂の後、西南戦争で城山の露と消えるまで、絶対に自殺は考えませんでした。
 鹿児島出身で西郷研究の第一人者であった歴史作家の海音寺潮五郎氏は、この西郷の月照との投身自殺と天への信仰について、次のように書いています。

「月照との事件の後、さんたんたる苦悩の末に彼は敬天の信仰に達し、それ以後、彼は自殺は小我をもって天命を限定するものだと信じて、いかなる艱苦、いかなる恥辱にも決して自殺を思わず生き抜いてきたのです」

 月照との自殺未遂の末、天への信仰に目覚めた西郷は、天命というものを常に身近なものとして感じ、その天命をつかさどる天を敬うことによって、天の本質である慈愛というものを体得しようと考えました。
 天というものは、人を平等に愛してくれるものなので、西郷は一切の私利私欲という欲を捨て去り、天と同じように、仁愛の人になることを人生最大の目標とし、終生努力し続けたのです。

 これまで書いてきた通り、「敬天愛人」という言葉には、西郷の本質が語られていると言っていいでしょう。
 そして、西郷という人物を理解するためには、この「敬天愛人」という言葉を理解することが必要となってくるのです。
 西郷が日本史上最も清廉誠実な英雄であり、仁愛の人であったことは、この言葉の意味するものを考えれば、自ずから理解出来るのではないかとそう考えています。





(2016年8月2日付記)
 西郷が好んで揮ごうし、使用した「敬天愛人」という言葉の典拠は、明治時代の思想家である中村敬宇が記した『西国立志編』からの引用です。
 西郷が自筆で「敬天愛人」と書いた書幅には、「南洲書」と書かれていることから、これは西郷が他の人の言葉を書き写したということが、その点からでも分かります。
 つまり、「私(南洲)が書写した」という意味で、西郷は「南洲書」と書幅に揮毫しているというわけです。
 また、反対に、西郷が自ら作詩した漢詩や言葉などを書幅に書き記す際、西郷は「南洲」と揮毫しました。
 つまり、西郷は「南洲書」と「南洲」を使い分けて揮毫しているのです。

 敢えてこのような話を最後に付記したのは、「敬天愛人」という言葉が西郷自作の言葉ではないということについて、ネット上で、私の文章が間違いだと指摘し、「学問的根拠はまったくない陳腐な旧説」などと攻撃的に批判されている方がおられるためです。
 私から言わせれば、その方に言われるまでもなく、「敬天愛人」という言葉の典拠が中村敬宇にあるのは、西郷研究者の間では周知の事実であり、常識であり、今さら指摘されるまでもありません。(はっきり申せば、余りにも低次元な話だと思います)

 私が書いた、この「敬天愛人について」をよく読んで頂ければ分かりますが、「敬天愛人は、西郷が考え出した言葉です」などとはどこにも書いておりません。
 私がこの「敬天愛人について」の中で伝えたかったこととは、その言葉の典拠でないことは、改めて申すまでもありません。
 「敬天愛人」の言葉の典拠よりも、その意味すること、つまりその言葉に込められた意味の方が遥かに重要だと感じており、西郷がなぜ「敬天愛人」という言葉に表されるような、天命思想を抱くことになったのか? について、そのきっかけをここに詳述しているのです。
 「敬天愛人」という言葉に関して言えば、西郷自らが行き着いた(悟った)天命思想が、中村の「敬天愛人」の言葉と符合したため、西郷はその言葉を好み、揮毫したのだという風に考えています。