(西郷隆盛の生涯)西郷の遣韓論


板垣退助誕生地(高知市)


(征韓論の経緯)
 いよいよ西郷隆盛最大の謎とされる征韓論のことを書く時がやってきました。
 簡単に前述しましたが、西郷は「征韓論」などという乱暴なことを公式の場で主張したことはただの一度もありません。
 それにもかかわらず、ではなぜ西郷が征韓論の巨魁と呼ばれることが歴史上の通説となってしまったかを簡単に書いてみたいと思います。

 まず、日本と朝鮮の関係がいつ頃からもつれてきた、つまり悪化してきたのかについてですが、明治初年、新政府が朝鮮に対して国交を復活させようとしたことに始まります。
 元来、日本と朝鮮とは、江戸幕府の鎖国政策の時代から交際を続けていた親しい間柄でした。
 しかし、江戸幕府がアメリカやイギリス、ロシア、フランスといった欧米列強諸国からの圧力に屈し、和親条約や通商条約を結んだことにより、朝鮮は日本との国交を断絶しました。その頃の朝鮮もまた、欧米列強諸国を「夷狄(いてき)」と呼んで蔑み、鎖国政策を取っていたため、外国と交際を始めた節操の無い日本とは交際出来ない、という判断でした。
 このようにして、江戸幕府は朝鮮から国交を断絶されたのですが、当時の幕府はその朝鮮問題に熱心に関わっている時間的な余裕は全くありませんでした。当時の幕府としては、国内に問題が山積されていた状態であり、それどころの話ではなかったのです。

 その後、江戸幕府が倒れ、明治新政府が樹立されると、新政府は朝鮮との国交を復活させようとして、江戸時代を通じて朝鮮との仲介役を務めていた対馬の宗氏を通じて、朝鮮に交際を求めました。
 しかし、当時の朝鮮政府は、明治新政府の国書の中に「皇上」や「奉勅」という言葉があることを理由に、明治新政府から送られてきた国書の受け取りを拒否したのです。朝鮮政府としては、「皇上」や「奉勅」といった言葉は、朝鮮の宗主国である清国の皇帝だけが使用出来る尊い言葉であるという風に考えていたからです。
 このように、朝鮮政府は、明治新政府の国交復活を完全に拒否しました。
 明治新政府は、その後も宗氏を通じて朝鮮に国書を送り続けましたが、朝鮮政府はその受け取りを拒否し続け、一向にらちが開かない状態が続きました。
 そのため、明治新政府は、そんな朝鮮問題を解決するべく、外務権大録の職にあった佐田白芽(さだはくぼう)と権小録の森山 茂、斎藤 栄を朝鮮に派遣したのですが、この三人はいずれも朝鮮の首都にも入ることが出来ず、何の成果も得ないまま帰国せざるを得なかったのです。

 当初の目的を果たせず帰国した佐田は、それ以来、激烈な「征韓論」を唱え、政府関係者に対し、「即刻朝鮮を討伐する必要がある」と遊説してまわりました。これは明治3(1870)年4月のことで、西郷はまだ郷里の鹿児島におり、新政府には出仕していません。
 この佐田の過激な征韓論に最も熱心だったのは、実は長州藩出身の木戸孝允でした。
 後年、征韓論に反対したとされる木戸が、この時、征韓論を唱えていたということに驚く方がおられるかもしれませんが、これは紛れもない事実です。木戸は同じく長州藩出身の大村益次郎宛の手紙の中に、「主として武力をもって、朝鮮の釜山港を開港させる」と書いています。

 このように、当時の木戸は征韓論に熱心だったのですが、当時の日本には廃藩置県というそれ以上の重要問題があったため、征韓論ばかりに構っているわけにはいかず、また廃藩置県後、木戸は岩倉らと共に洋行に旅立つことになり、木戸の中の征韓論は一先ず沈静化しました。
 しかしながら、前述した佐田白芽らは征韓論の持論を捨てず、政府の高官たちになおも熱心に説いてまわったため、征韓論は次第に人々の間で熱を帯びてくることとなりました。
 明治6(1873)年5月に入ってから、朝鮮の釜山にあった日本公館駐在の係官から、朝鮮側から侮蔑的な行為を受けたとの報告が政府になされました。朝鮮現地においては、まさに日本と朝鮮とが一触即発の危機にあり、その報告を受けた外務省は、政府の政策を決定する太政官閣議に、朝鮮への対応策を協議してくれるよう要請しました。
 こうして、明治6(1873)年6月12日、初めて正式に朝鮮問題が新政府の閣議に諮られることとなったのです。


(西郷の遣韓大使派遣論)
 閣議に出席した外務少輔の上野景範(うえのかげのり)は、

「朝鮮にいる居留民の引き揚げを決定するか、もしくは武力に訴えても、朝鮮に対し修好条約の調印を迫るか、二つに一つの選択しかありません」

 と席上説明しました。
 その上野の提議に対して、まず参議の板垣退助が口を開きました。

「朝鮮に滞在する居留民を保護するのは、政府として当然であるから、すぐ一大隊の兵を釜山に派遣し、その後修好条約の談判にかかるのが良いと思う」

 板垣は、兵隊を朝鮮に派遣することを提議したのです。
 しかし、その板垣の提案に対し、当時閣議の中心人物であった西郷は首を横に振り、次のように述べました。

「それは早急に過ぎもす。兵隊などを派遣すれば、朝鮮は日本が侵略してきたと考え、要らぬ危惧を与える恐れがありもす。これまでの経緯を考えると、今まで朝鮮と交渉してきたのは外務省の卑官ばかりでごわした。そんため、朝鮮側も地方官吏にしか対応させなかったのではごわはんか。ここはまず、軍隊を派遣するということは止め、位も高く、責任ある全権大使を派遣することが、朝鮮問題にとって一番の良策であると思いもす」

 西郷の主張することは、まさしく正論です。
 西郷は、板垣の朝鮮即時出兵策に対し、真っ向から反対の意見を述べたのです。
 西郷の主張を聞いた太政大臣の三条実美は、「その全権大使は軍艦に乗り、兵を連れて行くのが良いでしょうな」と付け加えました。
 しかし、西郷はその三条の意見にも首を横に振ったのです。

「いいえ、兵を引き連れるのは宜しゅうありもはん。大使は、烏帽子(えぼし)、直垂(ひたたれ)を着し、礼を厚うし、威儀を正して行くべきでごわす」

 西郷の堂々たる意見に、板垣以下他の参議らも賛成したのですが、一人肥前佐賀藩出身の大隈重信(おおくましげのぶ)だけが異議を唱えました。
 大隈は「洋行している岩倉らの帰国を待ってから決定されるのが良いのではないか」と主張したのです。
 その意見に西郷は、

「政府の首脳が一同に会した閣議において、国家の大事の是非を決定出来もはんじゃったら、今から正門を閉じ、政務の一切を取るのを止めた方が宜しゅうごわす!」

 と、強く言い返しました。
 このように西郷に言われれば、大隈としても、もはや異議を唱えることは出来ません。
 また、西郷はその朝鮮への全権大使を自分に任命してもらいたいと主張しました。西郷としては、現在のこじれた朝鮮問題を解決出来るのは、自分しかいないと自負し、相当の自信もあったのでしょう。
 しかし、閣議に出席したメンバーは、西郷の申し出に驚愕しました。
 西郷は政府の首班であり、重鎮です。また、朝鮮政府の対応から考えると、朝鮮へ派遣される使節には大きな危険が伴う恐れがあると考えられたため、西郷が朝鮮に行き、もし万が一不測の事態が生じれば、政府にとってこれほどの危機はありません。
 そのため、他の参議らは西郷の主張に難色を示しました。
 しかし、それでも西郷は、あくまでも自分を朝鮮に行かせて欲しいと主張したのですが、結局この閣議では結論が出ませんでした。

 以上、簡単ですが「征韓論」と呼ばれる一連の騒動の初期の経過を書いてきましたが、西郷の言葉や行動に、「征韓」などという荒っぽい主張はどこにも出てこないことが分かるのではないでしょうか。
 また、逆に「征韓論」について、反対意見すら述べていることが分かるかと思います。
 征韓論については、前編と後編の二回に分けて、テーマ随筆の第16回「征韓論について」に詳しく書いていますので、そちらの方もご覧ください。
 また、一応この後の征韓論争の経過だけは、簡単ですが、記しておきます。

 その後、紆余曲折の過程を経て、西郷は正式に朝鮮使節の全権大使に任命されることになります。
 西郷としては素志を達成したわけですが、洋行から帰ってきた岩倉具視と大久保利通が、その西郷の前に立ちはだかりました。岩倉と大久保は、再び開かれた閣議の席上で、西郷の朝鮮派遣に反対意見を述べたのです。
 その理由は次のようなものでした。

「西郷参議が朝鮮に行けば、戦争になるかもしれない、現在の政府の状態で外国と戦争をする余力はないので、朝鮮への使節派遣は延期するのが妥当である」

 一見すればもっともな意見にも思えますが、大久保や岩倉の主張は、西郷が朝鮮に行けば必ず殺されて戦争になるということを前提にして反対意見を展開しました。
 しかし、西郷は、まずは安易に戦争をしないために平和的な使節を派遣したいと主張しているのです。西郷としては、岩倉や大久保が朝鮮での談判が決裂し、必ず戦争になると決め付け、反対意見を述べること自体が納得がいきません。そのため、西郷と大久保の間で大論戦が繰り広げられたのですが、結局は西郷の主張が通り、閣議で西郷の朝鮮への派遣が正式決定されたのです。

 しかし……、最終的には岩倉の非常に腹黒い策略と言えると思います、岩倉の術策により、西郷の朝鮮派遣は潰されてしまいます。岩倉が閣議で決定された西郷の朝鮮への使節派遣案を天皇に対して奏上しようとせず、自分の個人的意見(西郷の使節派遣反対)を天皇に奏上すると言い張ったのです。
 今から考えればそんな不条理なことがあるのか? と思われるかもしれませんが、現実にそれが行われようとしたのです。この岩倉の行動を考えると、それでは今までの閣議は一体何のための会議だったのかと思わざるを得ません。一人の人間の勝手な行動により、国の運命が決定づけられたのです。
 このようにして、西郷が主張した遣韓大使派遣論は闇に葬られたのです。

 「明治六年の政変」、いわゆる「征韓論争」は、通説では西郷ら外征派(朝鮮を征伐しようと考える派)と大久保ら内治派(内政を優先しようとする派)との政争であるとされていますが、以上の経緯を考えると、そう簡単に理解できるものではないことが分かります。
 前述しましたが、西郷は公式の場で、朝鮮を武力で征伐するなどという論は一度も主張していません。当初は板垣の主張した朝鮮への兵隊派遣案に反対し、平和的使節を送ることを主張すらしているのです。
 また、内政を優先させるのが第一として西郷の朝鮮使節の派遣論に反対した内治派の人々が、その後やった事と言えば、明治7(1874)年に台湾を武力で征伐して中国と事を構え、翌明治8(1875)年には朝鮮と江華島で交戦し、朝鮮とも問題を引き起こしたことです。朝鮮に対しては、軍艦に兵隊を乗せて送りこみ、兵威をもって朝鮮を屈服させ、修好条約を強引に結ばせました。
 西郷の使節派遣に反対し、内政の方が優先であると主張した非征韓派と呼ばれた人たちが、後にこのようなことをやってのけたのです。
 これをもってしても、征韓論争における「外征派 対 内治派」という構図が、いかに誤解の多いものであるのかが分かって頂けるのではないでしょうか。

 征韓論については、前編と後編の二回に分けて、テーマ随筆の第16回「征韓論について」に詳しく書いていますので、そちらの方も是非ご覧頂き、西郷の真意とは何であったのかを知って頂ければと思います。




戻る     次へ
戻る 次へ

メニューへ