(西郷隆盛の生涯)西郷の下野から西南戦争勃発まで


西郷隆盛が創設した私学校跡(鹿児島市)


(西郷の帰国と私学校設立)
 岩倉の暗躍により、朝鮮への全権大使派遣論を潰された西郷は、明治6(1873)年10月23日、政府に辞表を提出し、故郷・鹿児島へと帰郷しました。

「このような非道なやり方が罷り通り、国の政治が運営されて良いはずがない。新政府に関しては、いつか一大改革が必要だ……」

 推論ですが、帰国する西郷の心中は、そのような決意が秘められていたのではないでしょうか。
 このように考えなければ、後の西郷の行動に筋が通ってこないからです。

 また、西郷の辞職及び帰国は、国内に衝撃を走らせました。
 西郷を慕う陸軍少将の桐野利秋や篠原国幹(しのはらくにもと)ら旧薩摩藩出身の近衛兵や士官たちが、西郷に付き従うかのように、続々と鹿児島に帰郷することになったのです。
 鹿児島に帰郷した西郷は、その後は政治的な事柄に留まらず、一切の俗事を離れ、畑を耕したり、川に魚を釣りに行ったり、山に狩猟に出かけたりと、まさに農夫のような生活を始めました。
 西郷がそのような田園生活をしていた頃、日本国内には次々と大きな事件が起こっていたのです。

 明治7(1874)年1月には、右大臣の岩倉具視が東京赤坂の喰違坂において、不平士族らに襲われ、負傷する事件が起こりました。
 また、同年2月には、江藤新平(えとうしんぺい)が佐賀で反乱を起こし、同月には前述した明治政府の台湾征討が行われました。
 このように、西郷が去った新政府は、いきなり国内外の重大問題に直面することになります。
 西郷という一種の重しが新政府から無くなったことにより、時代はまた激動の様相を示し始めたと言っても過言ではないでしょう。明治新政府における西郷の影響力は、それほど大きいものであったのです
 慶應義塾を創設した、明治の文化人である福沢諭吉も、その著書の中で、西郷が政治の中心となっていた二年間は、民衆が不平がましいことも言わず、自由平等の気風に満ちた時期であった、というようなことを書き残しています。

 明治7(1874)年6月、西郷は旧薩摩藩の居城であった鶴丸城の厩跡(うまやあと)に、「私学校(しがっこう)」という学校を設立しました。
 私学校とは、砲隊学校と銃隊学校及び賞典学校からなる、いわゆる公に対しての私立の学校であり、西郷の下野に付き従い帰郷した青年らの教育機関を作ろうと西郷が考えたことが、私学校の主な創設理由と言われていますが、果たしてそれだけであったと言えるでしょうか。
 俗に西郷は、来たるべくロシアや欧米列強諸国の軍事的な脅威に備えるため、兵学校とも言える私学校を設立し、いざ日本に国難が迫った際には、そこで育てた人材や兵士を働かせようと考えていたと言われています。
 確かに、西郷の心中には、常に対ロシアという考えがあったことは間違いありませんが、西郷が私学校を創設した真の目的とは、前述した政府改革のためであったのではないでしょうか。私学校において優秀な人材と強力な兵隊を養い、いつか来るであろう政府改革のために、それらの軍事力を活用しようと考えていたのではないでしょうか。
 西郷は新政府が腐敗したものに成り果てたことを、朝鮮への全権大使派遣論の際に嫌というほど味わいました。
 西郷は、このような堕落しきった政府は、土台から立て直し、新しいものに作り直す必要があると考えていたのではないかと私はそう推測しているのです。


(私学校暴発そして西南戦争へ)
 明治9(1876)年に入ると、全国各地で不平士族の反乱が頻発しました。
 同年10月24日、熊本において熊本県士族の太田黒伴雄(おおたぐろともお)を中心とした不平士族たちが、「神風連の乱(しんぷうれんのらん)」を起こし、同月27日には福岡県で「秋月の乱」、同じく28日には山口県で前原一誠(まえばらいっせい)が「萩の乱」を起こしました。
 このように全国各地で反政府運動が頻発して起こる中、鹿児島にいた西郷は、その動きに呼応しようとすることはなく、微動だにしませんでした。
 西郷は、自分が起つ時は、政府改革への見込みが立った、つまり、機が熟した段階でと考えていたと思われます。西郷としては、現在の状況下では、まだ挙兵は時期尚早であると考えていたのです。

 しかしながら、そんな西郷の深遠な思惑とは裏腹に、当時の明治新政府は、薩摩に対して大きな罠をしかけました。
 新政府にとって、明治維新最大の戦力となった旧薩摩藩士族の動きは最も気になるところでした。
 当時の警察庁長官にあたる旧薩摩藩出身の大警視・川路利良(かわじとしよし)は、同じく旧薩摩藩出身の中原尚雄(なかはらなおお)ら二十三名を密偵として鹿児島に送り込みました。
 中原ら密偵の目的は、鹿児島県の情勢調査と私学校生徒と西郷の離間を図るというものでしたが、今日でもこの密偵団には、「西郷暗殺」の密命が指示されていたと伝えられています。後に西郷が挙兵した際、その挙兵の理由として、「(この密偵について)政府に尋問がある」ということを真っ先に掲げていることからしても、当時そう信じられていたことは間違いありません。
 事の真相は、今となっては闇に葬られ、事実関係を証明することは非常に難しいですが、私自身の感想から言うと、西郷暗殺の密命が下されていた可能性はあると推論しています。
 また、政府の中心人物であった大久保は、旧薩摩藩士族の力をそぐために、鹿児島の陸軍の火薬庫から、武器・弾薬の類を大坂に移送しようとしました。
 この動きが、実は西南戦争勃発のきっかけとなったのです。
 私学校生徒は、このような政府の卑怯なやり方に憤激し、

「政府は先手を打ってきもした。西郷先生の暗殺団を送りこみ、なおかつ、夜陰にまぎれて、武器・弾薬を隠れて輸送しようしておりもす。まさに卑怯千万ではごわはんか!」

 明治10(1877)年1月30日夜、血気にはやった私学校の若者たちは徒党を組み、現在の鹿児島市草牟田(そうむた)にあった陸軍火薬庫を襲撃したのです。
 また、その騒動はどんどん県内に飛び火して、過激な私学校生徒らは、磯の集成館、坂元、上之原などの火薬庫を次々と襲い、鹿児島城下は火を放ったような大騒動となりました。

 一方その時、西郷はと言うと、鹿児島城下から遠く離れた、大隈半島の小根占(こねじめ)という所へ狩猟に出かけていました。
 西郷は私学校生徒たちが政府の挑発に乗り、陸軍の火薬庫を襲ったとの一報に接した時、

「しまった! なんちゅうこっを……」

 と、一言漏らしたと伝えられています。
 西郷は急ぎ鹿児島城下に戻りましたが、一度着いた炎のような激しい動きは、西郷でも鎮静化することは難しい状況でした。
 また、西郷は、火薬庫を襲った若者らを捕え、それを政府に差し出すという非情なことは出来ませんでした。

「これもまた天命ごわす……」

 西郷はそのように考え、「自分の身柄をお前たちに預けよう」と周囲の者に言い、そこから全ての決定を委ねました。
 ここに西郷隆盛自らが挙兵することを決意したのです。

「今般政府に尋問の筋これあり」

 西郷は自らの挙兵の大義をこのように掲げ、明治10(1877)年2月17日、薩軍を率いて東京へ向けて進撃を開始しました。

 西南戦争において、西郷率いる薩軍は、最も拙劣だったと言われる熊本城包囲策を取り、その後の戦況を悪化させることになります。
 西南戦争の経緯については、ここでは記しませんが、私の推測では、西郷自身、自分の行動が、これほどまでに大規模な戦いに発展することになるとは予想していなかったように思います。政府軍が本気で自分の東上を阻止しようとする動きを見せた時、西郷は意外とも思える反応を示したことなど、その時の西郷の心境については、それを示す傍証がいくつか残されています。

 このような西郷の考え方は、今から考えれば非常に見通しの甘いものと捉えがちですが、当時の日本の状況を考えれば、あながちそうは言い切れないものがあります。
 当時、全国各地には不平士族が充満しており、彼らは皆西郷の挙兵を待ち望んでいました。そのため、一旦西郷が挙兵すれば、彼ら不平士族は雪崩を打って反政府行動に出ると考えられた時期でもあり、もし、そんな事態にでもなれば、政府として各地の反乱を全て鎮圧出来るはずもなく、西郷を政府に迎え入れて、その意見を聞き入れざるを得ない状況になる可能性もあったからです。
 熊本城内の政府軍兵士たちが臨戦態勢を取っていることを知った西郷は、大変驚いたと伝えられています。
 西郷としては、何の抵抗も無く、戦わずして東京に到着できると思っていたのかもしれません。鹿児島出身の歴史作家・海音寺潮五郎氏も、同様の説を唱えられていますが、私自身もその意見に賛成です。
 実際、この西南戦争において西郷は、作戦を立てたり、陣頭で指揮を取るようなことは、宮崎の日向に追いつめられる最後までありませんでした。西郷としては、熊本城の政府軍が抗戦の気配を見せた段階で、今度の挙兵は失敗に終わる可能性が高いことを悟っていたのではないかと私は推測しています。




戻る     次へ
戻る 次へ

メニューへ