西郷と久光の関係(7)
-京・大坂における西郷と大久保-


(7)京・大坂における西郷と大久保
 前回では、西郷が久光の命令を無視し大坂に出発したこと、それを知った久光が激怒したこと、そして、大久保が西郷の後を追って大坂に先発したことまでを書きました。
 西郷一行が大坂に到着したのが、文久2(1862)年3月27日のことです。西郷はここで大坂の薩摩藩邸には入らずに加藤十兵衛という者の屋敷に入りました。藩邸や普通の宿屋に入っては、浪士や薩摩藩誠忠組分派の人々が多数押しかけてくる恐れがあり、これらの人々に取り巻かれては、身動きが自由に取れなくなるということを考慮したからです。

(写真)大坂薩摩藩蔵屋敷跡
大坂薩摩藩蔵屋敷跡(大阪市西区)
 少し話はそれますが、明治7(1874)年に起こった佐賀の乱において、前参議兼司法卿であった江藤新平(えとうしんぺい)は、この手の失敗を犯していますね。
 江藤は、佐賀の情勢が不穏との報を受け、当初横浜から直接佐賀城下には入らずに、長崎に入ってその形勢を見ていたのですが、最終的に佐賀城下に入ってしまい、そこから身動きが取れなくなり、結局旧佐賀士族の首領に祭り上げられてしまったのです。
 おそらく江藤自身も、佐賀に入れば身動きが取れなくなるということを十分承知していたとは思いますが、結局江藤は集団の力を甘く見ていたと言えましょう。ある一つの目的を持って集まった集団というものは、状況によっては途方もないエネルギーを生み出します。一端燃え上がると手が付けられなくなるくらいの恐ろしい勢いを持つものなのです。
 江藤は頭が切れ過ぎるくらい頭脳明晰な人物でしたが、結局、最後は自分の才能に溺れてしまったのですね。文久2(1862)年の西郷の動きは、こういったことを常に危惧し、藩邸や宿屋には入らなかったと言えましょう。

 しかしながら、またもや脱線してしまいますが、後年の西郷は、最後に集団の力を甘く見た失敗を犯してしまいます。
 明治10(1877)年1月30日に起こった、西南戦争勃発のきっかけとなった私学校生徒による火薬庫襲撃事件がそうです。
 前年からこの年の初めにかけて、大警視・川路利良(かわじとしよし)が送り込んだ密偵が、続々と鹿児島に潜入しており、そのことで私学校関係者の間では非常にピリピリとした緊張状態が続いていました。なぜならば、私学校関係者はその密偵達を西郷暗殺のために送り出された「刺客」ではないかと考えていたからです。
 鹿児島城下がこのような緊迫した状態でしたから、私学校の幹部達は、私学校生徒らが何らかの形で暴発するかもしれないという危惧を抱いていました。この段階で既に暴発への導火線に火がつきかかっていたと言っても過言ではないでしょう。
 しかしながら、このように私学校周辺が緊迫状態にあったにもかかわらず、西郷は鹿児島城下から遠く離れた大隈半島の小根占(こねじめ)という所で狩猟生活をしていました。今から考えれば、こういった切迫しです。大久保は西郷一行が加藤十兵衛宅から伏見に向かったことを聞き付け、その翌日、一路伏見へと向かいました。また、大久保が大坂に着いたのと入れ違いに、堀次郎が久光に会うために大坂を出発しました。後で詳しく書きますが、堀は久光に対し、「西郷は、京・大坂において不逞な輩を煽動し、不穏な動きを見せています」と報告しに行ったのです。つまり、堀は長井の件に関して西郷に厳しく叱責されたのを遺恨に思い、久光に讒言しに行ったというわけです。この堀の行動は、まさに私情を挟んだ人としては決して許されない行為であると言わざるを得ません。

 伏見の薩摩藩邸に着いた大久保は、西郷が宇治に外出しているのを知り、書面を出して西郷に帰邸を促しました。前述のとおり、西郷の元には諸藩士や浪人達が次々と面会を求めてきましたので、留守居の本田の配慮で、西郷は人目を避けるために宇治に潜伏していたのです。
 大久保からの手紙を受け取った西郷は、急ぎ藩邸に戻り、大久保と面会しました。大久保にとっては、西郷が鹿児島を先発して以来の再会です。大久保はその日の日記に次のように記しています。

「彼是京地模様等承別而大機会ニ而候且大島江少々議論有之候處一盃振はまり故先ツ〃安心いたし及鶏鳴候」
(「大久保利通日記(一)」日本史籍協会編より抜粋)


 原文が漢文調ですので、分かりやすく現代語訳に直すと、次のような内容です。

「かれこれ(西郷から)京の模様などを承った。別して大機会だと思った。大島(西郷の変名)には少々議論があって来たのだが、一生懸命精一杯に努力をしている様子なので、先ず先ず安心した。鶏鳴に及ぶまで話し合った」

 私は大久保の日記の中の「大島(西郷)に少々議論これ有り候」という部分と「先ず先ず安心いたし候」という二つの部分を重要視ししています。なぜならば、これは前回書いた下関に残されていたはずの西郷の置手紙と密接に関係があるように思えるからです。
 少し整理しますと、私は大久保が西郷の置手紙の内容に容易ならざることが書かれてあったため、手紙を握り潰さざるを得なかったと前回推測しました。また、大久保が久光に大坂への先行を願い出た理由の一つとして、西郷に「ある真意」を確かめるためが目的でったことも書きました。
 つまり、この大久保日記の中の「大島(西郷)に少々議論これ有り候」の部分は、西郷の置手紙の内容に、久光に誤解を生じさせるような、容易ならない内容が書かれていたので、大久保自身がその真実を西郷に確認したかったという裏付けになると考えています。
 大久保の日記の記述から考えると、次のような解釈が出来るのではないかと考えています。
 大久保は西郷が下関に残した置手紙の内容に久光が誤解するような容易ならざることが書かれていたため、取りあえず手紙は無かったようにして握りつぶし、西郷にその真意を確かめるべく、久光に大坂への先行を願い出ました。そして、伏見で直接西郷と会って話し合ってみると、それらの誤解は解け、西郷も精一杯努力しているようなので安心した。「先ず先ず安心いたし候」という部分には、大久保の安堵の色が見て取れ、それは大久保が懸念していたことの誤解が解けたと解釈出来るのではないでしょうか。
 また、久光に誤解を生じさせるような容易ならない内容とは何か……。それはやはり「倒幕」ということ以外にあり得ないと私は思います。

 前回の(6)で、西郷が久光の率兵上京計画に際し、「倒幕」を意図していたかどうかが非常に重要な問題であると書きました。これについては、海音寺潮五郎氏は著書『寺田屋騒動』の中で、「西郷・大久保談合説」を主張されています。
 海音寺氏の説によると、西郷が久光に先立ち先発するに際し、西郷と大久保との間で、全国の志士達の動きが強力で機が熟しているならば、久光を巻き込んで倒幕に持っていくことを、二人があらかじめ事前に打合せていたのではないかということです。二人の親密な関係から考えると、西郷も大久保も、その状況によっては公武合体から発展して倒幕に持っていこうと考え、事前に何らかの話し合いがあったことは間違い無いことだと私も思います。
 ここからは、寺田屋騒動が起こった重要な原因にも触れていきますので、少し詳しく書くことにします。
 私は海音寺氏の説とは少し違う考えを持っています。独自の説を書きますと、私はこの当時の西郷と大久保の間には、倒幕についての考え方に「温度差」があったと考えています。実はこの「温度差」こそが、同志相討つ寺田屋の惨劇へと繋がる重要な要因になったと私は考えています。
 極簡単に言うならば、この時点では、西郷は積極的倒幕派、大久保は消極的倒幕派ではなかったかと思います。どういった意味での積極・消極かについては、後で詳しく述べることにして、まず、この計画の当事者・島津久光の考えの中に、「倒幕」などという大それた考えがまったくなかったことは、前回まで折に触れて書いてきた通りです。これは久光側近の大久保はよく分かっていることですし、直接久光に拝謁した西郷も当然そのことは分かっていたはずです。
 西郷が、久光に倒幕の意志がないと分かっているにもかかわらず、この計画に加わったのは、大久保との間で次のようなやり取りがあったからではないかと推測しています。

(西郷)「一蔵どん、今回の計画において、もし倒幕を成し遂げられる形勢になりもしたら、一歩踏み出して、おいは有志の者達と共に一大決心をするつもりでごわす。そいで良かなら、おいは一身を賭けてこの計画に協力しもんそ」
(大久保)「よう分かりもした。おいも機が熟して成功の見込みが立つならば、吉之助さあの考えに異存はごわはん。そのつもりで大いに気張ってやったもんせ」

 大久保は、久光の上京計画にはどうしても西郷の力が必要であると考え、何としてでもこの計画に西郷を引っ張り出したかったと思います。それはその後の大久保の動きにも表れています。大久保は頭脳明晰な非常に賢い人物です。もしここで西郷の倒幕策について、あれこれと細かい議論などをしていては、西郷が計画に協力してくれないと考えたのでしょう。
 大久保の頭の中にも、出来れば「倒幕」へという素志は当然ありました。そのため、大久保は「大筋は合意である」という意味で、西郷の提案に納得したのではないかと私は推測します。もし、西郷と大久保の間で、倒幕についての完全な意見の合意が成り立っていたならば、下関での西郷の置手紙に倒幕にかかわるような内容が書かれていたとしても、何も慌てて大久保が久光に先発を願い出る必要などないからです。
 その点から言いますと、西郷と大久保の間には完全な意見の合意はなかったような気がしています。そう考えなければ、大久保が下関から西郷を追って先発したことや、大久保の日記の内容書かれていた「大島(西郷)に少々議論これ有り候」という部分に矛盾が生じてしまうからです。

 ここで少し補足しますが、従来の説では、大久保が先発を願い出たのは、「下関で待て」との命令を無視された久光の立腹を、西郷に告げることが目的であったという風に言われています。確かにそのことも目的の一つであったでしょうが、大久保が先発を申し出た真の理由とは、これまで書いてきたとおり、倒幕についての西郷の考え方を確認するためであったと私は解釈しています。
 先程、積極・消極という言葉を使い、二人の倒幕についての考え方の相違を表現しましたが、それは、大久保の倒幕は「久光あっての倒幕」であり、西郷のはそうではなかったという意味においてです。大久保は久光に見出されて、現在の地位にまでのぼり詰めた人物です。大久保は、大目的を達するためには権力、つまり久光の力は絶対欠かせないと考えを持っていました。これは彼のその後の行動を見ると顕著に出てきます。つまり、大久保は、久光の機嫌を損なってまで、一大決心(つまり倒幕への動き)をする覚悟がこの時点では無かったと言えましょう。そういう意味において、大久保は消極的倒幕派ということになるわけです。寺田屋の同志達を土壇場になって大久保が見捨てたのは(見捨てざるを得なかったのは)、このことに一因があると私は考えています。
 このように、二人の微妙な倒幕策についての考え方の違い、つまり温度差が後の悲劇を生み出す結果の一因となったと私は考えています。

 さて、話を大久保の日記に戻しましょう。
 大久保は、倒幕について、西郷と大久保の間に考え方の相違があると判断したため、西郷の後を追ってきたのですが、大久保が日記の中に「別して大機会にござ候」と書いたことは、大久保自身が、西郷から京・大坂の情勢を聞き、この感じならば倒幕に持っていけると判断した結果だったと思います。つまり、西郷と大久保の間の温度差が二人の再会と話し合いにより、この時点ではなくなったと言えましょう。
 しかし、この大久保の決心は、後に久光が西郷に対して激怒したことにより、がらっと変わってしまいます。大久保は、こういう状況の変化に非常に敏感であり、いち早く自分の考え方を切り替えることが出来る能力を持っています。こういう点に、彼の天性の政治家としての資質の一端が見えているのかもしれません。
 伏見で西郷と話し合い、倒幕に向けて一大決心をした大久保は、その後、余程気分を良くしたのか、久光の行列に戻るための帰路、のん気に近くの男山八幡宮に参詣しています。普段は冷静な大久保自身も、この時ばかりは「よしやるぞ!」という気合いで一杯だったのかもしれません。
 しかしながら、このような西郷・大久保の一大決心をよそに、久光周辺はのっぴきならぬ不穏な情勢に変わっていたのです。西郷の災難はすぐ目の前に迫ろうとしていました。


(8)に続く



戻る
戻る