Last Modified 98/07/30

NiGHTSNiGHTSのBGMについて


[優子の部屋 HOME] [ゲーマーズサロンYUKO] [NiGHTS into dreams...]

内容見出し

  1. BGM全体を通して
  2. ナイトピアのBGMについて
  3. ナイトメアのBGMについて
  4. その他のBGMについて
  5. BGMとA−LIFEシステムについて
  6. テーマソング「DREAMS DREAMS」について

BGM全体を通して

まず、ナイツの音楽全体を通してですが、聞いていてこれは何かの手法に似てるなぁと思っていたんです。いろいろ考えてみた結果、私が何に似ていると感じていたのかわかりました。
ナイツの音楽の手法はミュージカルの手法に良く似ていると思ったのです。

こういった点でミュージカルとナイツの音楽はその辺りが非常に良く似ていると思います。
よくよく考えるとナイトピアン達が口ずさんでいるその曲さえもテーマフレーズのバリエーションの一つです。ここまで徹底しているとすごいですね。

[TOPへ]

ナイトピアのBGMについて

さて、ここではナイトピアの各ドリームのBGMについて書いてみます。音色については聞いたイメージで適当に何々系とか書いちゃってるけど、全然違うのかもしれないです。

各ドリームの曲はA−LIFEシステムとの連動で変わっていきますのでこの内容はNiGHTSのオリジナルサウンドトラックのCDを元に書いています。

ドリームのリンクからは、NiGHTSの夢の世界についてのページの中の各ドリームの解説にリンクしています。
キャラクターのリンクからはNiGHTSのキャラクターについてのページのそれぞれのキャラクターの解説へと飛べます。
BGMの解説はBGMタイトルのリンクを辿って下さい。

ドリームキャラクターBGMタイトル
Spring ValleyクラリスPaternal Horn
Splash GardenエリオットThe Amazing Water
Mystic ForestクラリスGloom of The N.H.C.
Frozen BellエリオットTake The Snow Train
Soft MuseumクラリスSuburban Museum
Stick CanyonエリオットUnder Construction
Twin Seedsクラリス、エリオットGlowing Wings
[TOPへ]

Paternal Horn

Spring ValleyのBGMは見晴らしが良く美しいステージのイメージそのままに、気持ちの良い明るく楽しいイメージの曲です。
まず、オープニングの小刻みなベルの音色が夢の世界へ突入するわくわくした気分を演出してくれます。
エレクトリックピアノとソフトブラスの掛け合いがとっても素敵です。エレクトリックピアノやソフトブラスの元気良く跳ねるメロディーがナイツとなって飛翔する爽快感を盛り上げてくれます。

The Amazing Water

Splash Gardenを彩るこの曲は、ティッティキティキティキティキと耳に入ってくるベル系のバッキングが非常に気持ちよい曲です。
エレクトリックっぽい丸みを帯びた音色のピアノのフレーズもきいてます。
メロディーのバックでバッキングの音がくるくるくるくる音が巡る辺りが面白いかも。
元気の良いメロディーがエリオットくんの初冒険に相応しい感じを醸し出しているのではないでしょうか。

Gloom of The N.H.C.

Mystic ForestのBGMも笛系統の少し掠れた柔らかい音色で奏でられるメロディーが霧の森というイメージに良くあっていると思います。
タムタム系(?)のパラパラとした軽い太鼓の音中心の細かく刻まれるリズムも曲に洒落た味付けをしています。
ベースラインのメロディーも好きです。

Take The Snow Train

Frozen Bellは軟らかいベース音の心地よいバッキングとソフトブラスの音色が優しいイメージを与えてくれる「Take The Snow Train」です。
高音部の済んだ音色で奏でられるメロディーもとても優しい感じです。
冒頭のシャンシャンというベルの音はまさにFrozen Bellの名に相応しく、ちょっぴりクリスマスの気分になったりもしたりして。
シャカシャカした音が中心のリズムもFrozen Bellの雰囲気と相まってやっぱりクリスマスみたいで弾んだ気分になれます。

Suburban Museum

なんとなくバグパイプを思わせる特徴のある音色ではじまるSoft Museumの曲も非常にドリームのイメージにあっているのではないかと思います。
バッキングに使われている木管系の音色と、弾むベースのリズムがこの曲にぽんと弾むイメージを与えています。そのイメージがSoft Museumのドリームのイメージに良くあっているのです。
私がとっても好きな曲の一つです。

Under Construction

Stick Canyonは元気のいい高音のブラス系のフレーズが印象的な「Uner Construction」です。
陽気でめまぐるしく変わっていく曲のイメージが仕掛けたっぷりのドリームに相応しいのではないでしょうか。
4拍ごとに繰りかえされるキンという金属的な音が機械っぽいドリームのイメージを広げます。
細かく刻まれる力強いベース音がエリオットドリームに相応しいと感じました。

Glowing Wings

Twin SeedsのBGMは前半の不協和音を奏でる悪夢のようなメロディーから後半の明るい希望へというようなドラマチックな展開に感動しました。
この曲はヒューマンボイスの使い方、高音の澄んだ音色がとても綺麗な曲ですね。
この曲を聴きながらふと頭の中に浮かんできたのがわいたのがネバーエンディングストーリーの曲。希望のイメージが似ていると思ったのかもしれません。曲自体はそれほど似ていないと思うので。
[TOPへ]

ナイトメアのBGMについて

さて、ここではナイトメアの曲について書いてみたいと思います。

ナイトメアンのリンクからはNiGHTSのキャラクターについてのページのそれぞれのナイトメアンの解説へと飛べます。
BGMの解説はBGMタイトルのリンクを辿って下さい。

全体にナイトメアの曲は、不安定な音階、不協和音に近い和音でプレイヤーを悪夢の世界に誘う役割を果たしていると思います。

ナイトメアンBGMタイトル
GillwingThe Dragon Gave A Loud Scream
PuffyShe Had Long Ears
GulpoDeep It Lies
ClawzE-LE-KI Sparcle
JackleThe Mantle
RealaNights and Reala
WizemanD' Force Master
[TOPへ]

The Dragon Gave A Loud Scream

ギルウィングの曲「The Dragon Gave A Loud Scream」はしゅわ〜きゅぃ〜んとしたいかにもシンセシンセした音色やブラスっぽい音色、ストリング系と多彩な音色で迫っています
。 全体的にシンセ音というイメージが強く、ブラスもシンセブラスかなって感じです。中間部分のメロディーにはシンセリードっぽい音が使われていますね。でも、やはり途中で出てくるしゅわ〜っとした音が印象的かなぁ。
後半のブラスソロがとてもカッコ良いです。 リズム的には細かくタカタカタカタカシャカシャカシャカシャカとシンセドラム系の音でリズムが刻まれています。

She Had Long Ears

セカンドレベルのステージの曲で秀逸だと思ったのがパフィーの曲。
不安をあおるような音使いでゆったりと迫る前半部から、イメージ転換の1フレーズを経てテンポがアップし、タイムアップへの恐怖をあおりプレイヤーを焦らせる後半部。見事だなぁと思いました。
前半部ではひょろろろ〜っとした幽霊が出てくるような音がきいてます。
後半部はピアノフレーズがとにかくすごくカッコいいです。
ヒューマンボイスの使い方もとても効果的だと思います。
ところで・・・この曲タイトルが適当すぎって気がするんですが・・・。気に入ってる曲だけにもうちょっとカッコいいタイトルがあったのではって気がしないでもないです。確かにパッフィーは長耳だけどさ〜。

Deep It Lies

ガルポの「Deep It Lies」はしゅわ〜っとメインフレーズの背後に広がる音に深海のイメージを感じました。
不協和音を含む音階が暗い海のようにプレイヤーを包み不安にさせます。
沈み込む低音ベースやまとわりつくようなシンセ音は自由を奪うまとわりつく水のよう。
そして、そこに被さるオルガンのフレーズ。本当に深い海の底のような曲です。

E-LE-KI Sparcle

クロウズは「E-LE-KI Sparcle」
この曲はバチバチと火花の飛び散るクロウズのナイトメアのイメージそのままにエレキギターの細かい音運びがカッコいいですね。とにかくギターフレーズがとってもカッコいいです。
ワンポイントで決めるブラス系の音色の使い方も非常に効果的です。
途中で入る男声の力強いかけ声も良いです。
テケテケテケテケってエレキの音が気持ち良いです。

The Mantle

ジャックルの「The Mantle」は特徴的なシンセブラス系のメロディーと低音ベースで聞く人を悪夢の世界に誘います。
シンセブラスのメロディーはなんとなくジャックルの小狡い感じを良くあらわしているように思います。
こーっという低い音とともに入るシャラシャラシャラシャラという少し濁った音と男性の囁き声もなかなか印象的です。
この曲に関しては、BGMにかぶさるように聞こえるジャックルの笑い声がまたむかつくんですよね。実は一番苦手なセカンドレベルがジャックルなんで、倒せないこと多いんです。だから曲もなんとなく嫌いだったりします。

Nights and Reala

ナイツvsリアラの曲はカッコいい曲です!
宿命のライバルの対決をドラマチックなメロディーが盛り上げます。
力強いブラスのフレーズや抜群にカッコいいピアノフレーズが曲を盛り上げいます。
後半にはNiGHTSのテーマフレーズもアレンジされ、さすがファーストレベルのリアラ、他のセカンドレベルナイトメアン達とはひと味違うところをBGMでも見せています。
ライバル!!って感じが良いですね。

D' Force Master

ワイズマンのBGM、D' Force Masterは全くイメージの異なる前半部と後半部からなっています。
ベル系の穏やかな音で奏でられる前半部は、テーマフレーズをアレンジしていながら、嵐の前の静けさのようで静かながらも何か良くないことが始まるようなそんな不安を含んでいるメロディーラインです。
その前半部からドラマチックに展開する後半部は、ワイズマンという最後の敵に相応しく荘厳な曲です。
ストリングで奏でられる荘厳なメロディーはワイズマンの強さを表現し、バックに流れているヒューマンボイスを使ったバッキングが悪夢のイメージをさらに膨らませています。
[TOPへ]

その他のBGMについて

さて、ここではナイトピアとナイトメアのBGMで語れなかった、他の部分のBGMについて書いてみます。

BGMが流れる場面BGMタイトル
オープニングデモFragmented Nights
ステージセレクトGate of Your Dream
ステージクリアMessage from Nightopia
ステージクリア(ハイスコア時)After The Dream
エンディングSowing Seeds
エンディングDREAMS DREAMS
[TOPへ]

Fragmented Nights

夜空にそびえる塔の上に立つナイツ。
自由に大空を飛び交うナイツ。
そんなナイツの姿に重なるこの曲はテーマフレーズをアレンジした荘厳な曲です。
オープニングデモで流れるこの曲はナイツの世界に入り込む水先案内人のようなそんな一曲です。

Gate of Your Dream

ステージセレクトの際に流れる「Gate of Your Dream」は、優しい音程と澄んだ音色、そして微かに聞こえる囁き声や歓声。まさにその名に相応しく、夢に落ちる前のまどろみのような曲です。
 ベル系の音色が繰り返し奏でるメロディーは優しい子守歌のようです。
バッキングもオルゴールのような澄んだ音色で聞いているうちに心が落ち着いてきて、NiGHTSの世界に入りやすい心構えになっていくようです。

Message from Nightopia

ステージクリア後にハイスコア等が表示されているところで流れるこの曲は、テーマフレーズをアレンジした元気いっぱいの曲です。
シンセリードのメロディーラインの裏で流れるヒューマンボイスのコーラスフレーズが気持ちよいです。
気持ちの良い目覚めの曲です。

After The Dream

ハイスコアを出したステージクリア後に流れるこの曲は同じ場面で流れる「Message from Nightopia」に比べると落ち着いた音色の軟らかい曲です。
この曲にもやはり、NiGHTSのテーマフレーズがアレンジされています。
穏やかな目覚めの曲です。

Sowing Seeds

エンディングでクラリスが歌う綺麗な曲です。
クラリスの歌う主旋律はNiGHTSのテーマアレンジ。
オープニングのだんだん重なっていく柔らかな女性コーラスが耳に心地よい曲です。
曲の終わりでは、エンディングムービーの演出と相まって思わず涙が出てしまうような感動を覚えました。
短い曲ですがとても感動的な曲です。
[TOPへ]

BGMとA−LIFEシステム について

このゲームには、A−LIFEシステムというシステムが導入されています。そのA−LIFEシステムについては詳しくはREF="a-life.html">NiGHTSのA−LIFEシステムについてのページを見ていただきたいのですが、A−LIFEシステムでのナイトピアン達のナイツへの好感度がドリームのBGMに影響しています。
ナイツがナイトピアンに好かれていればBGMはより楽しげに、ナイツがナイトピアンに嫌われていたりおそれられているとBGMはダークな方へと変わっていきます。
ナイトピアンを絶滅にまで追いやった友人の話ではその時のBGMは悪夢のようだったということでした。
プレイする時々でアレンジが変わるため、NiGHTSのBGMはいつ聴いても新鮮で飽きないBGMとなっています。
[TOPへ]

テーマソング「DREAMS DREAMS」について

さて、NiGHTSのテーマソングである「DREAMS DREAMS」についてですが、私は本当にこの曲が大好きです。
この曲にはいくつかのバージョンがあります。
一つは子供が歌っているバージョン。これは、普通にクリアした時のエンディングで聴けます。また、ゲームCDのオーディオトラックの21トラック目にも入っています。
もう一つは大人が歌っているバージョン。これは、ある条件を満たしてクリアした時のエンディングで流れるそうです。これはサウンドトラックのCDで聴くことができます。
どちらかというと子供バージョンの方がNiGHTSの世界には相応しいかなぁと思いますが、大人バージョンはとてもカッコいいです。最高です。
この曲も声の重なり方なんかが非常にミュージカルライクで、これを聴いているうちにふと思い出したのが「スターライトエクスプレス」というミュージカルのテーマソングでした。これも全然曲が似てる訳じゃないんですが、夢の捉え方がイメージ的に似ているのかもしれません。
また、Christmas NiGHTSのエンディングではアカペラバージョンが流れます。これもすごくカッコいいです。
ちなみにこの曲、セガカラにばっちり入っていますし、Christmas NiGHTSのおまけではカラオケがあるのでそれで練習してしっかり覚えて歌っちゃいましょう!!
私はこの曲がすごくすごく好きだったので結婚式の披露宴でこの曲を使いました。
キャンドルサービスならぬ、記念品のコインを配るコインサービスの時のBGMとして大人バージョンを使いました。
ちなみにこの披露宴、ケーキ入刀はドラクエのテーマだったし、コインサービスの時はパラッパラッパーの曲も使ったのよ(笑)。ゲーマー夫婦ですしね。
[TOPへ]

ご感想・ご意見はこちらまで
平田優子E-mail Address:yuko-h@sannet.ne.jp