Last Modified 99/06/15

ゲームプレイステーションソフトレビュー


[優子の部屋 HOME] [ゲーマーズサロンYUKO] [プレイステーションレビューソフト一覧]

レビュー内容

ジャンルは私が感覚で分けています。異論があるかもしれませんがご了承くださいませ。
おすすめ度は★★★★★が最高となっています。これも私が感覚でつけました。
このレビューの内容はあくまでも私個人の感想ですので、参考程度にご覧ください。


moon

ジャンル:RPG(?)
おすすめ度:★★★★☆
アスキーが放つアンチRPG的RPG。
主人公の少年は、いつの間にか自分がやっていたFAKE MOONというゲームの世界に透明人間として入り込んでしまっています。
そこで彼が見たのは、罪もない動物達をモンスターとして殺戮しレベルをあげている勇者。人の家のタンスを荒らすけれど、誰も勇者には文句が言えない。
そんな今までのRPGへの皮肉たっぷりなゲームですが、テーマはアイロニーではなく、愛。
少年は世界に散らばる愛を集めていきます。
彼は元いた世界に戻れるのでしょうか?
戦闘シーンを全くなくしてしまった事など、実験的な色がかなり見られるゲームですが、プレイ後は何かホッとした気分になるようなゲームです。
序盤の行動時間が短い間はちょっと大変ですがそれを耐えたら「今度は何をしようかな」と楽しみになるようなソフトです。
キャラクターも魅力たっぷりでおすすめの1本です。
ゲーム中にMD(Moon Dist)と呼ばれるディスクを購入することでBGMを自由に変えられるシステムも良いです。

[TOPへ]

サガフロンティア

ジャンル:RPG
おすすめ度:★★★★☆ でも個人的には★★★★★
ファイナルファンタジーで名高いスクウェアのもう一つの人気RPGシリーズ、ロマンシングサガシリーズの最新作はプラットフォームをプレイステーションに変え、名前も一新。サガフロンティアと名付けられました。
このプラットフォームの変化によって今まで私が感じていたサガシリーズの良さが失われてしまうのではないかと思ったのは単なる取り越し苦労に過ぎなかったようです。
初心者にはおそらく不親切に感じるフリーなマルチシナリオ。
魅力のあるキャラクター。
心躍るBGMの数々。
私の中では間違いなく五つ星に値するソフトです。!
サガフロンティアのページも作りましたので、そちらもご覧くだされば幸いです。

[TOPへ]

子育てクイズマイエンジェル

ジャンル:クイズゲーム
おすすめ度:★★★☆☆
私が選ぶ96年BEST GAMES19位にランクインしていたアーケード版からの移植作品です。
プレイヤーはパパかママになってクイズに答えながら子育てをします。
正解したクイズのジャンルと、時折あらわれる選択肢の選択によって、赤ちゃんから大人へ育っていく娘の性質が変化します。
娘の性質には真面目、色気、おたく、わんぱくがあり、小さい頃から色気づくと結構むかついちゃったりします。 プレイステーション版ではコンティニュー回数制限なしのアーケードモード以外に、3年に1回セーブができコンティニュー回数に制限があるアットホームモード。それから、育てた娘とデートが出来るモード。(もっともパパがデートする訳じゃありません)そして、娘の成長記録が見れるアルバムモードがあります。
アットホームモードの後半はノルマが多くて、限られたコンティニュー回数で3年間を乗り切るのが結構辛いです。

[TOPへ]

がんばれ森川君2号

ジャンル:育成シミュレーション
おすすめ度:★★★★☆
がんばれ森川君2号でプレイヤーが育てるのはPITと言われるAI付のロボット。
ころんとした丸い体型としぐさが可愛らしいPITです。
PITは自分で考えながらいろいろな行動をとるので、プレイヤーはそれに対してその行動がOKかNGか指示してあげると、次第に「これはOK」で「あれはNG」ということを覚えていくのです。
同じ障害物の壁を越えるにもプレイヤーの指導によって叩き壊して進む子もいれば、飛び越える子もいるという訳です。
そうして育てていったPITはなんだかいつも間にかちょっと自分の性格に似た感じになっていたり・・・。
最終的な目標なんかもありますが、ただただPITを眺めているのも楽しいソフトなのです。(本当にPITのAIに判断をまかせてただ眺めていることもできるのです)
何かをする度に「これでいいの?」という風に自分の方を見るPITが愛しいソフトです。

[TOPへ]

マリーのアトリエ

ジャンル:育成シミュレーション(?)
おすすめ度:★★★★☆
おちこぼれ錬金術士マリーが主人公のゲームです。
あまりの成績の悪さに普通の卒業試験では王立魔術学校を卒業できないであろうというマリーのために用意されたのは5年の月日と、小さなお店と、僅かな銀貨。
これを元に5年間頑張って、イングリド先生が満足する作品を作り上げることができればマリーは卒業できるのです。
でも、最初はアイテムの作り方もよくわかっていないマリー。参考書や機材を買うお金だけでも大変。冒険者の集う店で仕事の依頼を受けてそれでお金を稼ぎます。
アイテム作りのためには材料が必要ですが、街の外にそれを取りに行くにもか弱い女の子マリーには大仕事。護衛の冒険者を稼ぐにはお金が必要だし・・・。
…と、こんな感じで過ごすマリーの5年間なのです。
難易度がちょっと低い感じがしないでもないのですが、キャラクターの可愛さとアイテム作りの楽しさとアイテムコレクションの楽しみがなんとも言えずはまります。
操作性の良さも私のお気に入りのひとつです。

[TOPへ]

プリンセスメーカー ゆめみる妖精

ジャンル:育成シミュレーション
おすすめ度:★★★★☆
人気育成ゲーム、プリンセスメーカーの最新バージョンです。
今回私達は人間のプリンセスになりたいという願いを持ち、妖精の女王の力で人間へと姿を変えた妖精を育てることになります。
でも、父親である自分は実の娘だと信じているのです。
娘との会話が多くなった点は良いのですが、私の大好きだった武者修業がなくなっちゃったのがとても残念。
でもまあ、プレステで武者修業やっちゃうと読み込み時間が長くていらいらしちゃいそうな気もするので良いとします。

[TOPへ]

いまどきのバンパイア

ジャンル:育成&恋愛シミュレーション
おすすめ度:★★☆☆☆
プレイヤーが操る主人公がバンパイア(吸血鬼)という一風変わった育成&恋愛シミュレーションゲームです。
主人公である、バンパイア一族の貴公子フェイドはバンパイア一族の風習にのっとって、15才から18才までの3年間を人間界で過ごすことになります。
目的は聖なるプラチナオーラを持つ女性を妻として魔界に連れ帰るため。プラチナオーラの女性の血は女性の同意がないと吸血しても無力化してしまうため、フェイドは努力して女の子の心をつかまなければならないのです。そんなフェイドの前に現れたプラチナオーラの女の子は3人。どの子を相手にするにしても、自分を磨き、女の子を地道にデートに誘わないとどうしようもないのです。
主人公が吸血鬼っていう設定は面白かったんですが、このゲーム…プレイ時間が長すぎるのが難点です。戦闘シーンの読み込みなんていらいらしちゃうくらいだし・・・。それがなければもう少しおすすめ度アップなんですけれどね〜。
キャラクターデザインが高河ゆんってのもちょっと旬を逃しちゃってる感じがします。(昔は好きだったんですがねぇ)

[TOPへ]

パラッパラッパー

ジャンル:音楽ソフト
おすすめ度:★★★★☆
パラッパという主人公を操っていかにクールなラップをするか…というのがこのゲームの目的です。
タイミングに合わせてボタンを押すだけという簡単操作なんですが、なかなか楽しいです。
パラッパを初めとするキャラクターは可愛いし、操作は単純だし、ラップはカッコ良いし…ハードなゲームには興味がないけれど、なんとなくゲームやってみたいなんて思っている女の子にはおすすめなんじゃないでしょうか。
どうしてもCOOLなラップができない私はまだ4ステージ止まりだったりしますが、弟のプレイで見た最終ステージは無茶苦茶カッコ良いです。是非、プレイしたいですね。
実は、パラッパラッパーのサントラCDがすごくカッコいいのです。その中の一曲を自分の結婚披露宴で使ったくらいです。

[TOPへ]

黄昏のオード

ジャンル:RPG
おすすめ度:★☆☆☆☆
ファミ通のレビューなんかでは古くさいとか書かれちゃっていたRPGゲームです。
確かに絵なんてスーファミのRPGなんて思うくらいのクオリティで、プレステで出す必要ないじゃんって感じですが、妙に味があるゲームです。
シナリオは振り返ることも許されないくらいの見事なまでの一本道でこれも今時…って感じですね。
あと、イベントのヒントとなるセリフが1回しか出てこなくて同じ人に話しかけても他のメッセージになってしまうので何をしたら良いのか忘れたらリカバー不能です。
あと、フィールドでの敵とのエンカウント率が高すぎるような気がするのも非常に気になるところです。
まあ、でもこのゲームにはそんなことを吹き飛ばすようなすごいインパクトがあります。
それは歌魔法。
吟遊詩人を主人公としているこのゲーム、歌魔法の歌詞を入力すると自動でメロディーをつけるシステムになっています。
で、この歌が非常に音痴なのです。もうジャイアンなみ。思わず歌詞に「ほげ〜」(BYジャイアン)なんて入力しちゃったくらいです。
プレイはしなくてもいいから話題の種に一度は聞いておけって感じです。
あと、オープニングはポリゴンでキャラクター作っているんですが、主人公不細工過ぎます。これじゃ絵の方が良かったです(T_T)。
それと、やらなきゃならないことのメッセージが1回しか表示されないことが多いのでうっかり忘れてしまうとすぐに何をやったら良いのかわからなくなってしまいます。

[TOPへ]

FISH EYES

ジャンル:釣り
おすすめ度:★★★★☆
このゲームはなんだか非常に和む釣りゲーです。
プレイヤーはヤマメ、イワナ、タナゴ、ヘラブナ、ブラックバス等々の魚を釣ることができます。
でも最初に釣ることが出来るのはヤマメだけ。何匹も釣っているうちにランクが上がり、他の釣り場にも行くことができるようになるのです。
釣った魚を持ち帰り、水槽に入れて飼うこともできちゃったりします。水槽に入れた魚に名前をつけると愛着がわきますよ。
私の場合、実際に釣りをしたことがほとんどないので(子供の頃に釣り堀に行った程度)リアルなのかどうかは良くわからないのですが、魚の種類によってあたりが違っていてなかなか難しかったりします。
餌も仕掛けもいろいろ選べます。
また、ゲームの中でランキングが出てセーブデータからそれぞれの人が釣った魚の数、大きさ、成功率なんかが一覧表になっています。私は弟と競っていますが、なかなか燃えますよ。
でもまあ、精神的に疲れた時なんかに釣り糸を垂らすと和むのでリラックスにいいかもしれないですね。
実家の母もこのゲームがやりたくてプレイステーションを買ったくらいなので、慣れるまでちょっと大変ではあるのですが、万人におすすめなのかもしれないです。

[TOPへ]

ご感想・ご意見をメールにて受付中
おすすめのゲームがあったら教えてくださいね
平田優子E-mail Address:yuko-h@sannet.ne.jp