Last Modified 99/02/26

ウルティマTiffinのブリタニア日記99/02


[優子の部屋 HOME] [ゲーマーズサロンYUKO] [覗き見!ブリタニアライフ]

1999年02月19日 軌道にのってきたかしら

んも〜。まったくどうなってるのよ。
居酒屋のマスターも、皮屋のおじさんも今日は全然お金持ってないって言って焼き鳥を買い取ってもらえないの。
一番効率の良い収入源だって言うのにね。

仕方がないので街をぶらぶらしていた私は、雑貨屋でおかしな二人組に出くわしたの。
全く同じ姿で黄色い道化服を着込んだ二人は、名前も同じTranquilityさん。
一人はどこかのギルドに所属している方で、もう一人は無所属のご様子。
しかもTranquilityさんがもう一人のTranquilityさんからしきりに何か盗もうとしたり鞄の中を覗き見しようとしてるの。
私はそれに気付いて一応ガードを呼んでみたんだけれど、ガードは来ませんでした。
黙々と覗き見を繰り返しているTranquilityさん。なんだか気味が悪くって私は雑貨屋を後にしたわ。

それから銀行前でいつものように焼き魚売り。
そろそろ売り子も板についてきたかしら。
すぐにIruhaさんという方が「さかなほしー」と声をかけてきてくれたの。
200枚欲しいということでお渡しするとなんとお支払い金額400gp。
「あれ、多いですよ」と言ったら「いいよ」って言って下さいました。
最近ご飯食べていなかったからという理由だそう。こういうのって嬉しいわね。

Iruhaさんとの商談が終わるとすぐに、やりとりを見ていらっしゃったらしいNoriさんが「おさかなください」って声をかけてくれました。
前にもお魚お買いあげいただいた上にいろいろサービスしてくださった方ですね。
40枚のお魚に43gpのお支払い。なんだか皆さんサービスしてくださってありがとうございます。
しかもNoriさんはリンゴを5個くださいました。わーい、これでアップルパイが焼けるわ。
毎度本当にありがとうございます。

焼き魚の販売の方は順調にいったので、今度はまた在庫作り。
せっせと釣りしてお料理。
場所を移動しながら釣りをしていて、居酒屋の南辺りで釣っていた時、Leinさんという方に声をかけられました。 釣れるかどうかという質問にほどほどと答えると、Leinさんは「私も釣ろ〜」と一緒に釣りをはじめたの。
Leinさんの家は元々はAsuka地方の出身らしく「Hokutoは良いですね」ってしきりに言ってました。
Leinさんの一族でHokuto地方に来たのはLeinさんが初めてとのこと。

その後、いつも釣りをしてるんですか?っていう質問に本業はシェフで釣りは材料調達のためにやっていると答えたり、しばらく釣りをしながら雑談しました。
Trinsicの街からまだ1歩も出てないことを話したら少し驚いていたみたいだったわ。
Leinさんはお針子さんらしく、私が釣りや料理をしてる横でハサミの音もしていたわ。
お針子さんはシェフより儲かるらしいし、お洋服いろいろ作れるというのもそれはそれで楽しそうね。材料調達はちょっと大変そうだけど。
今日一日だけで2000gp稼いだという話にはびっくり。でも街の外に出ない私は消費するお金も少ないし、別に一日数百の稼ぎでも十分やっていけるのよね。

その後、Leinさんが「魚やいてくれませんか?」って言って、もちろんそれは大歓迎な私は喜んで承諾しました。
20枚の生の切り身をいただいて、同数の焼き魚をおかえししたの。
釣りばっかりうまくなってもしょうがないからありがたいわ。

それからしばらく料理をした後、ふらりと細工ギルドを訪れたの。
そこでいくつかIngotを買って金属の細工にチャレンジしたわ。
その結果は失敗の連続。
結局裁縫道具一個作れただけで大損でした。まだまだ細工は駄目ね。

あとは銀行前でSnufkinさんにばったり会ってちょっと立ち話したくらいかしら。
生のお肉12枚いただいたりしてありがたかったわ。
[TOPへ]


1999年02月17日 商売繁盛

気がつくと私は、Trinsicの街中に立っていたの。
やだ、夢遊病かしら。
鞄の中のいつも魚を入れるポーチを見てみると魚が入ってない。
やっぱり昨日魚を買った気がするのは夢だったのねa
そう思って漁師ギルドへ出かけ、魚を買いました。
漁師ギルドで売っている魚を買い占めることができるくらい所持金あった気がするんだけれど買い占められないわ。
どうしたんだろう。

疑問だらけになりつつも、とにかく買ったお魚をさばいて、居酒屋で一生懸命焼いたわ。
200枚近い切り身を焼きあげた後、銀行前で販売。
前にもお買いあげいただいたLENAさんがまた100枚買ってくださいました。
またねって言ってもらえてとても嬉しかったわ。

その後は、ちょっとだけ木こりをして少しだけ取れた丸太を使って細工をしたりしたの。
まだまだ細工は下手くそだからかんなが一つ作れただけだったわ。

それから釣り。
たくさん釣った魚を整理しようとポーチの他に着替えを入れていたバックパックを広げてみると 中には魚がぎっしり。
あらら。
これって夢の中で買ったような気がする魚?
魚を買ったところまでは夢じゃなかったのね。
じゃあ、私、魚たっぷり買ったのに気付かないでまた買っちゃっていたのね。
ま、どっちにしろこれもおろして料理するしかないわよね。

居酒屋の南辺りの川縁でしばらく釣りやお料理してると、側で魔法の練習をしていたらしいNoriさんという人が「こんばんわー」って声をかけてきたわ。
挨拶を返して料理を続けていたら、Noriさんが「お魚売ってもらえませんか?」っていうの。
もちろん大歓迎よ。
手持ちが30個くらいしかなかったんだけれどNoriさんもちょうどそれくらい欲しかったということで商談成立。
こっちから宣伝しないで売れたのは初めてね。
安いと言ってもらえたし、嬉しい商いだったわ。
嬉しかったから焼いていた分をおまけにして60枚くらいにしたら、Noriさんの方もおまけで100gp払ってくれたの。
その上、Greater Cure potionと魔法のブロードソードと魔法のカイトシールドまでくださったの!
「ええっ、いいの?」って驚いたら「うん」って言って下さって、本当に本当に嬉しかったわ。
でも、当分冒険なんてしないし、もったいないから銀行に大事に預けたわ。
せっかくだからと武器・防具用のバックパックを買ってそれに詰めて貸金庫の中よ。
そうそう。銀行と言えば、貯金は5500gpを越えました。
そのうち500gpはmakotoさんからいただいたギルド参加への支度金だけど、5000gpは私が自分で貯めたってことよね。感慨深いわ。

銀行前では、Parnさんという方が200枚、前にもお買いあげいただいたYurianさんが100枚焼き魚をお買いあげ下さいました。
人混みのせいでわたわたしてしまって、手際が悪くてごめんなさいね。
どうもありがとうございました。
そうそう。
わざわざ声をかけてきてくださって、焼き魚を50枚お買いあげいただいたmanu-manuさんもありがとうございmさいた。

今日はたくさんお料理したし、たくさん焼き魚も売れてとっても充実していたわね。

[TOPへ]

1999年02月16日 夢か現か幻か

今日もせっせとお仕事。
しばらく釣りをしていると、Masaさんという人が「釣れますか?」って声をかけてきたの。
最近すっかり釣りもうまくなってきた私。「まあまあね」なんて答えたの。
そしたらMasaさんが「犬なんていりませんよね?」ってきくの。
ああ、Masaさんは調教師なのね。で、その後ろに連れている犬を売ろうとしてるのね。
でも、私、自分が生活するのが精一杯だからお断りしました。
いつかペットも飼ってみたいけれどね。

それから今日は漁師ギルドへ行ってお魚を買ったりもしたわ。
そろそろ自分の釣った魚だけでは材料が足りないって感じがするからね。
そしてたくさん買った魚をさばいてせっせと焼いていたんだけれど………。
急に気が遠くなってしまったの。
あれ、私夢でも見ていたのかしら

[TOPへ]

1999年02月15日 ドジな焼き魚売り

いつものように居候してる居酒屋で目を覚ますと、昨日Hiromasaさんからもらったコミュニケーションクリスタルからおはようのメッセージ。
なんだか嬉しくなるわね。
私もクリスタルでお返事して、それから働きに出かけたわ。

魚を釣って、切り身におろして、調理。
慣れてきたからコツも覚えてきて焼き魚作る量も増えてきたわ。
お仕事自体は単調だから少し飽きてしまうこともあるけれど、出来た焼き魚を売る時にいろんな人に出会えるという楽しみもあるからやる気が出るわ。

今日も何度か銀行前で焼き魚の販売をしたわ。
売れない時の辛さは売れた時の嬉しさで帳消しになるわね。
今日、焼き魚を買ってくれた方はLENAさんという方。
200枚買って下さるということでちゃんと数えて渡したつもりだったのに、なんと400枚も渡してしまったの
「400ありますよ?」と確認してくださったLENAさんは、「魚大好きですから」と言って余分の焼き魚の代金の200gpも出して下さいました。
私がミスったのに、倍もお買いあげいただいてどうもありがとうございました。

そうそう。
なんだか今日は銀行前にオークヘルムが3つも落ちていたので拾い集めました。
銀行前が散らかっていると清掃したくなるのよね。
大好きなTrinsicの街だからいつも綺麗に保ちたいわ。

[TOPへ]

1999年02月14日 バレンタインinブリタニア

朝、起きて居酒屋から外に出ると、そこには見覚えのある人影!
すぐさま駆け寄って「元気だった?」って声をかけるとHiromasaさんはにっこりと笑って「久しぶり」って言ってくれたの。
旅の空から無事にTrinsicに帰ってきたのね!
さばいてある魚を焼いてくれるかなというHiromasaさんに銀行に行けばすぐに焼き魚と交換できると言うと、二人で銀行に向かうことになったの。

銀行前では焼き魚100個を150gpで売っているVattererさんという人がいたので、この人がいる時は商売の邪魔をしちゃ悪いわねって思ったわ。
今日は銀行前はすごい人。
なんだかSOJっていうギルドの人達が整列していて面白かったわ。
貸金庫から焼き魚を引き出して、Hiromasaさんの切り身60枚と交換。
人混みの銀行前を避け、ちょっと東の道へ歩いていくと、銀行前で私を見かけたSnufkinさんが声をかけてきたの。

「誰だい?」と聞くHiromasaさんに「お友達よ」と私。HiromasaさんとSnufkinさんが自己紹介しあうのを見ていたわ。
それから旅に出ていたHiromasaさんから首都の治安の悪さをきいたり、Snufkinさんにマスターシェフになったか尋ねられたりと、しばらく3人で立ち話。
Snufkinさんに生肉のお裾分けをもらったりもしたわ。
それから、Snufkinさんは南の森に動物を調教しに出かけたの。
私はと言えば、Hiromasaさんが一緒に釣りをしても良いかと聞くので良いわって答え、「騎士の島で釣ろう」というHiromasaさんにそれってどこだろうと思いながらついていった訳。

騎士の島とはパラディンギルドのある島のことでした。
この辺りは良い釣り場だというHiromasaさんの言葉通り、良く釣れるわ。穴場なのね。
でもここってどこかしら。
ちょっぴり方向音痴の気がある私。Trinsicの街の中でこの騎士の島がどこにあるのかこの時点では把握してなかったのよね。

そうそう。
今日はバレンタインデー。
ロード・ブリティッシュ様から全臣民に宛に、プレゼント用のバッグが与えられていたの。
中身はバレンタインの各種カードとカラフルなお菓子と、エールとグラス。
ドジな私はエールがプレゼント用だと気付かずにそのまま居酒屋で売ってしまったんだけれど、せっかくなのでカードの一枚をHiromasaさんにプレゼントすることにしました。

私が選んだカードは「For a special friend, from Tiffin」っていうカード。Hiromasaさんは大切なお友達だもの。
そしたら、Hiromasaさんは「Just 4 U」って書いてあるお菓子と「To a great girl, from Hiromasa」って書いてあるカードを照れくさそうにしながら「良かったら受け取ってくれるかな」って言って渡してくれたの。
もちろん、受け取ったわよ。

それから二人で釣りをしながらHiromasaさんの旅の話を聞いたり、私の焼いた魚をHiromasaさんが「うまい!」って言って食べてくれたりして、楽しい時間を過ごしたわ。

しばらく釣りをして、そろそろ居酒屋の方へ移動しようと思っていたらHiromasaさんが「銀行にいって戻ってくるまでここにいてくれるかな?」って言うのでそれまで待っていることにしたの。
なかなか帰ってこないHiromasaさんを待ちながらお魚を焼いたり釣りをしたりしてたわ。
戻ってきたHiromasaさんは「すまない!時間を取ってしまった!」と言いながら私に何か手渡したの。
「これ」
「まあ!」
それは素敵なネックレスとコミュニケーションクリスタルだったわ。
「ちょっと目移りして時間がかかった」というHiromasaさんにお礼を言って早速ネックレスを身につけてみたの。
「どう?似合う?」「似合うよ」なんて会話を交わした後は、クリスタルの使い方を練習。
私は居酒屋の方に行くことにして何か聞こえたら後で教えてねということでとりあえずお別れしたの。

で、歩いてみてびっくり。
なんだ。騎士の島って居酒屋の向かいなのね。私って地理感覚ないわ。
こんなに近いなんて思わなかった。
でもこっちの方はあまり足を伸ばさない方だから…仕方ないわよね。

その後、居酒屋でSTAMさんと挨拶したり、STAMさんがはじめて焼いたというパンをもらったりしたわ。

で、しばらくしてHiromasaさんにあったんだけど、なかなかクリスタルがうまく使えなくて苦労しました。
しばらく試してなんとかうまくいったけどね。
これで離れていてもHiromasaさんとお話できるわね。
それからもうちょっと街をぶらぶらするわと言ったら「さっきのところで釣りをしてたら顔をだしてくれるかい?」というので後であう約束をして銀行に行ったり、ちょっとうろうろしたりしたの。

銀行前での魚売りでは、Yurianさんという人が100枚買ってくれました。

そして、約束通り騎士の島で釣りをしてるHiromasaさんのところに行って、また焼き魚60枚と生の切り身を交換したの。ネックレスのお礼に焼き肉もつけたわ。
それから釣っていた魚をその場でさばいた24枚も交換したの。
それからまた旅に出るというHiromasaさんを見送っていると、私の頬に………
お友達だと思ってたから私、びっくりしてそのままじゃあねって立ち去っちゃったの。

なんだか落ち着かないので釣りと料理をして、たまった焼き魚をさばくため、また銀行へ。
今度はTERRAさんという方が声をかけてきたわ。
焼き魚欲しいけど有り金はたいて秘薬を買ってしまってお金がないからGHPと交換で良いかと聞かれたんだけれど、街から出ない私に回復用のポーションは必要ないし…。
200以上欲しいと言ってくださってるので是非取引したいんだけれど。
困っていたら結局TERRAさんが知り合いの方にお金を借りて、さらに多くの300枚くださいって言ってくれたの。
TERRAさんはGM Alchemistなのでポーションが必要な時はいつでも言って下さいって言ってくれたわ。必要な時は当分きそうにない気はするけど、嬉しいわね。

それからさらにTERRAさんが知り合いの方に「この魚屋さん安くて良いよ」って宣伝してくださって、Artemisさんという方が200枚お買いあげ下さいました。
売り上げを全部銀行に預けて、居酒屋に戻ると、部屋中に転がっているCoCoさんの死体
物騒だわ、何かあったのかしら。怖いわ。
そして、私は今日はいろいろあったなぁと思いながらいつもの居酒屋で眠りについたわ。

[TOPへ]

ご感想・ご意見はこちらまで
平田優子E-mail Address:yuko-h@sannet.ne.jp