日記総合日記
1996年05月中旬


[優子の部屋 HOME] [総合日記]

1996年05月11日(土) ごちそうな一日

今日は11時から法事と言うことで10時過ぎに起き、着替えてお化粧などをして待っているとだんだん親戚の人が集まってきました。
うちの犬達は普段はお客さんがくるととりあえずは吠えるのですがあまりにぞろぞろ人が来るのでびっくりしたのかあまり吠えていませんでした。

11時から家の座敷でお坊さんにお経を上げてもらいました。普段しないから正座は辛かったです。
それからみんなでお墓参り。それが終わってお食事会の会場に移りました。

いろんな人の挨拶は、特に感慨もなく聞いていましたが、父の挨拶には思わずほろっとしてしまいました。
父の挨拶の中では、たまたま見つかった6〜7年前の祖父が元気だった頃の声の入ったテープを流したのです。
このテープは、大学に入り私が一人暮らしをしていた時、祖父からかかってきた留守番電話の録音テープで、その時まだ帰宅していなかった私のことをとても心配してくれている内容でした。「まだ帰ってないとは不良娘だね」なんて言ってましたが、祖父が留守電にメッセージ入れたのは8時半頃です。大学生なんですからそれくらい不良じゃないでしょ〜っ(^_^;)。
何にせよ、懐かしい声をきき、ほろっとしてしまった訳です。子供は息子ばかりだった祖父は女の子が欲しかったらしく、女の子で初孫の私はとっても大事にしてもらっていたのです。だから、思い出すとやっぱり悲しくなってしまうのです。

法事の食事は豪勢でした。懐石風の料理でなかなか美味しかったです。(天麩羅が冷えきっていたのはちょっと問題でしたが(^_^;))まだ小さいいとこ達は子供用メニューと言うことでステーキを食べて喜んでいたようでした。
同じテーブルだった従弟は新社会人なので会社の様子を訪ねたりしているうちに自分の新人時代のことなんかを思い出したりして面白かったです。

法事が終わって家に帰ると留守番をさせられていた犬達が大喜びして迎えてくれました。あああああ、可愛い〜っ。

座敷に敷いてあった大量の座布団を片づけたりした後は夕方までだらだらと過ごしました。

な・ん・と。今日の夕飯はフランス料理なのでした。祖父のために働いてくれていた人の送別会なのです。自宅近くのフランス料理店へみんなで行きました。

車を運転して帰る人が多いと言うことでお酒はなし。
まず、前菜は赤ピーマンのムースのキャビア添えと筍を煮たものでした。赤ピーマンのムースは口に入れた途端にふわっと溶け、ピーマンの風味豊かでとっても美味しい!!素材の味をいかしきった料理でした。

うをを。ふかふかのパンが美味しいっ。いわゆるフランスパンなのですが、中が本当にふかふかなのです(^_^)

サラダはチコリやサラダ菜の上にフォアグラ!それから小さいざりがにみたいなエビ(名前は聞き逃しました)が添えてありました。これも美味しい!!

次に運ばれてきたスープはなんと紫色のポタージュスープ!
お店の人は全員に料理を配ってから説明するので、スープを配っている間にその材料を予想。赤キャベツ、赤タマネギ、ラディッシュ、茄子等々の意見が出ましたが、正解は紅いもでした。ご存知でしょうか?サツマイモみたいな形で中が赤い(紫色か。どっちかっていうと)お芋です。スープの味自体は普通のポタージュスープの味。でも美味しかった。

お次のお魚料理はオマールエビのサフランソース。これもおいしぃぃ。でも、ちょっと食べにくかったのでした。

お口直しにと運ばれてきたのが、ゆずのシャーベット。冷たくて美味しいぃ。ホントに口直しって感じ。ゆずの香りもばっちりで赤ピーマンのムースと同じく素材の味をいかしています。

メインディッシュは牛のフィレステーキ、バニラソース!味自体は普通の味なんですがバニラが使われているので甘い香りなんです。ちょっと不思議な味でした。これももちろん美味しかった。

そしてデザート。
きいちごのシャーベットと洋梨のシャーベット。それからカスタードプディングにオレンジ風味のチーズケーキという豪華盛り合わせ。
きいちごと洋梨のシャーベットはやっぱり風味豊か。ああ、きいちごだ〜、洋梨の味だぁという感じでした。カスタードプディングも濃厚な味だったし、チーズケーキも適度な甘さで美味しい〜っ。

食後のコーヒーも美味しかったし(^_^)。ちなみに食器はウェッジウッドでした。

こ〜んな豪華な食事東京で食べたらいくらくらいかかるでしょう〜。
ちなみにこのコースはこのお店の一番高いコースだったのですが、一人7000円です。東京に比べたら安いでしょ〜っ。

とにかくお昼も夜もごちそうで贅沢な一日でした。

[TOPへ]

1996年05月12日(日) 部屋が…片付かない

あまり遅くなると高速道路が渋滞しちゃう〜ということで、今日は11時頃起きて朝御飯兼用のお昼を食べて家に帰りました。
府中の辺りでちょっと混んでいたかなという程度でほとんど渋滞もなく帰れました。

ところで、今回もケースごと連れ帰っていた弟のカメですが、家を出るころに与えたレタスの葉を車の中でもしゃりしゃり食べてました。高速移動している車の中…というのは特にカメには変わりなかったみたいです。

家に帰って部屋の掃除を始めました。
来週末に両親が来るというので大慌てで散らかった部屋を片づけ始めた訳です。
だけど大量の本を片づけているとついつい読んでしまって全然進まない〜っ(^_^;)。
その上、昔書いた作品のノートや設定が見つかってしまい思わずそれも読んでしまう状態。短編小説があったのでふむふむと読んでいると気になるところでぷっつり切れていて後が書いてないの〜。自分でもほとんど覚えのない作品でちゃんと仕上げたかどうかも覚えていない(^_^;)。ああああ、結末が気になるぅぅぅ。
 そんなこんなで結局あまり片付かないままに終わってしまいました。明日も片づけなきゃ。

今日の夕飯は弟のリクエストによりハンバーグ。それから卵のスープを作りました。
あとは弟がアボガドを切って出そうとしていたのですが、「なんか全然熟れてない。すごい固い」と切ってしまってから嘆いていました。
どうせこのままでは食べれないので失敗してもいいやと、半分に割ったアボガドの種を取ったくぼみにバターを入れ、電子レンジで加熱。
するとカチカチでどうしようもなかったアボガドにすんなりスプーンが入るようになりました。で、味は?とおそるおそる口にしてみると…これが美味しい!
熟れたアボガドのような濃厚な感じはなく、ほくほくとジャガイモに似たような食感でした。いやぁ、試してみるものですね。

ホームページの更新をしようと思ったのですが、メールのチェックだけに終わりました。あとでまとめてやるつもりです(^_^;)。

[TOPへ]

1996年05月13日(月) マイナーチェンジ/なんか手が変(/_;)

アンケートを送って下さった方々の意見を反映して今日は細かい変更を少ししました。
31才〜40才だと悲しいという32才の方からの意見がありましたので31〜35才、36才〜40才と分割しました。
それから、アンケートのコーナーを選ぶ欄が横に長すぎて読めなかったというご意見もいただいたので2行にしてみたりしました。
あと、プロフィールもバージョンアップしています。情報量を多くしてから結構評判が良かったプロフィールですが、さらに情報量を増やしてみようと愛読誌のコーナーを作ってみました。

ところで。
最近残業していて会社で夕食を食べていると、手に力が入らないことが時々あるんです。箸は何とか持てるんですがなかなか力が入らなくってじれったい感じ。
なんかやばそうな気もするしなぁ(^_^;)。
朝とかお昼とかは別に何ともなくって大丈夫なんですが。一日の疲れが手に出ちゃうのかなぁ。まあ、一日中キーボード叩いているような状態だから手に負担はあるんだろうけれど。
肩こりひどいのも関係あるのかなぁ。病院とか行った方がいいのかしら。うう。不安。
こういう症状をご存知の方いらっしゃいます?

[TOPへ]

1996年05月14日(火) 重い通勤鞄/弟の履歴書

肩こりが酷くて大好きな牛に触るのも苦痛なくらい。仕事をしていても常に肩、背中、腕が痛くて辛いという状態。さすがにこれはまずいということで明日からはせめて通勤鞄を軽い鞄にしようと誓いました。
今、私が通勤で使ってる鞄って鞄自体の重さが結構あるんですよ。コーチの茶色い鞄なんですが、コーチの鞄ってしっかりした皮だから重いんですよ〜。その上荷物多いし〜。
確か去年の夏のボーナスで買ったんだったよなぁ。とっても気に入っているのですが肩こりが良くなるまでちょっと使うの控えようと思ってます(/_;)。あと荷物も限界まで減らしてみよう。

さてさて。今日は弟の履歴書書きにつきあわされました。
弟、大学4年なんですが、なんでも明日面接とか。「志望動機ってどんなの書けば良いんだよ〜」なんて今頃言ってるのんびり屋さんです(^_^;)。
実家からもらってきた美味しいサクランボを食べながら頭を悩ますこと数十分。弟のやりたいことがよくわからないので(特にないらしい(^_^;))うまい理由が見つかりませんでした。・・・って、自分でちゃんと探せよぉ、弟。

[TOPへ]

1996年05月15日(水) 寒すぎる空調

オフィスの空調ってのはどうしてこう寒いんだろう。
酷い肩こり持ちで冷え性の気もある私にとって、冷房が効いている期間のオフィスはとっても辛い場所なのです。
今座ってる席って結構空調の吹き出し口に近くて風が当たるんですよね〜。だから余計に辛いの。
もちろん、自己防衛はばっちりしています。
昨日まではカーディガンきて、指先を切り落としてある手袋して、さらにショールを巻いていたんですが、それだと足が寒いということで今日はさらに膝掛けも1枚持っていきました。
だからもう…一人で季節感ぶちこわすほど着込んでます。それでも風が当たるから寒い。嫌すぎ。

それほど着込んでいるというのに今日は寒くて寒くて、思わずお昼休みはお昼ご飯もろくに食べずにひなたぼっこしてました。いや〜ん、紫外線で肌が荒れちゃう〜とか思ったけれど、たっぷり浴びるお日様は冷えた身体にとっても気持ちよかったです。

[TOPへ]

1996年05月16日(木) 指圧でリフレッシュ!

肩こり辛い〜辛いよ〜と毎日過ごしている今日この頃。
ふと通りがかった職場の棚に指圧屋さんのチラシが数枚置いてありました。
お!これは!!」と早速1枚もらっちゃった私。
(これがきっかけでその後結構いろいろなマッサージ店に通うようになりました。今も通ってます。1998.10.13追記)

職場のある五反田の「リフレッシュ」という指圧屋さんです。
チラシによると下記のメニューがあるのです。

メニュー
忙しいあなたに………15分 1,500円
こっているあなたに…30分 3,000円
短時間で全身を………45分 4,500円
ゆっくりと全身を……60分 6,000円

15分なんかだとイスに座ったままマッサージしてもらうスタイルで着替える必要なしということ。イスに座ってのマッサージでは足にエアーブーツをはき、くるぶしやふくらはぎまで刺激して血液の循環を良くするとのこと。
それ、気持ちよさそうだな〜。でも私の方が15分くらいでほぐれるはずがない(^_^;)。それじゃ…30分?いや、足りないな。60分もいいけど…様子見で45分くらいにするか。よし、決めた。今日行っちゃうぞぉぉ。
ちらしを見てそう思った私は早速予約のTELを入れちゃいました。夜7時から45分コース!!

定時だと6時に仕事が終わるので定時にさくっと帰りました。で、本屋に寄ったりご飯食べたりして7時に指圧屋さんへGO!

ビルの4Fなのでエレベーターに乗ると、一緒に乗ってきたおじさん(3Fの床屋の人らしい)に「指圧ですか?」なんて話しかけられてしまう(笑)。3Fでおじさんが下りるまでちょっとだけお話しして、そして4Fの「リフレッシュ」に到着。

入り口のところでスリッパに履き替え、中に入りました。
「予約していた金丸ですが」と受付のおにーさんに告げ、そこでもらったポイントカードに名前などを書きました。このポイントカード、15分で1ポイントもらえ、5ポイント集まると500円引きになるのです。

それから施療室に入り、カーテンで仕切られたベッドのところへ案内されましt。
45分のコースということでパジャマみたいなものに着替えました。

で、マッサージ。特に肩が辛いということを告げ、重点的に肩をやってもらいましたが、これが気持ち良い〜っ。痛からず弱からず…適度な刺激でほんわかほんわかしてくるのですぅ。最後の方で肩を各10回回した時は痛かったけれどそれ以外は本当に気持ちよかったです!!
こんなことなら45分と言わず、最初から60分にしておくべきだったなぁと思っちゃいました。
とにかくマッサージしてもらった後はほわわんとした感じでとても快適でした。久しぶりに「肩も腕も背中も痛いよ〜っ」っていう状態から脱出できました。もっとも肩は…まだこりがのこってますけどねぇ(^_^;)。これは1回のマッサージくらいではどうしようもないですから(^_^;)。

全く東京ローカルの情報ですが、リフレッシュの詳しいデータも一応書いておきましょう。

リフレッシュ
営業時間:月〜金 10:00〜21:00
     土   10:00〜20:00
     日・祭日休診
電話番号:03-3442-3777(電話予約OK)
住所  :東京都品川区東五反田1丁目12番13号 親切堂ビル4F

(読者の方からの情報によると残念ながらこのリフレッシュ、現在は営業していないそうです。1998.10.13追記)

[TOPへ]

1996年05月18日(土) 今日は楽しい温泉旅行!!

今日は、高校時代の友人と温泉旅行です!!
目指すは伊豆!

小学校と高校が一緒の友達(Oちゃん(仮名))、中学と高校が一緒の友達(Kちゃん(仮名))、高校が一緒の友達(Aちゃん(仮名))、そして私の計四人の女の子ばっかりの旅行です。
このメンバーはクラスが一緒だったり部活が一緒だったりする友達でみんな仲が良くって卒業後も結構つるんで遊んでいるメンバーです。旅行にいくのも何度目か。
本当はもう一人、中学と高校が一緒の友達が来るはずだったのですが、休日出勤しなければならなくなったということでキャンセルになったのでした。残念。

OちゃんはSE、Kちゃんはコンピュータサプライ用品の会社の経理、Aちゃんは地元の民放局でCM関係の仕事をしています。
いつもポケベルに怯えているOちゃんや一般事務のOLなのに残業時間が月60時間を超えちゃったりするKちゃん。スポンサーの都合に振り回されがちなAちゃん。私も含めみんな忙しいのでストレスたまりまくり!そこでのんびり温泉旅行なのです。

Aちゃん以外の友達は東京に住んでいるのですが、Aちゃんは山梨から来るということであまり朝早いと大変なので、待ち合わせは12時に東京駅。
踊り子号の出る7番線のホームの一番前ということで待ち合わせていたのですが、踊り子の自由席がそれより後ろ側だったので自由席の方へと歩いてみるとみんな同じ考えだったらしく無事に合流できました。
指定席は満席と言うことだったので自由席も混んでて大変かな〜乗れるかな〜と思っていたのですが、何故かほとんど並んでいる人がいない・・・。
お昼時なのでお弁当とお茶を買ってきて電車に乗り込むと私たちの乗った車両には私たち4人だけ!!
うわ〜、こんなにすいてるの初めてだよ〜と言いつつお弁当を広げる私たち。
検札に来た車掌さんの話では空いてる車両はここだけとのこと。なんか得した気分です。

ちなみに食べたお弁当はと言えば・・・Oちゃんは釜飯弁当、Kちゃんは中華弁当、Aちゃんはあなご弁当、私は鳥めし弁当。お弁当を食べ終わってからは延々とおしゃべりしながら電車に揺られました。内容は仕事の愚痴等(^_^;)。みんな本当に忙しいのね。

伊豆稲取についたのは3時半頃。宿は隣の今井浜海岸なので普通電車を待って乗り換えました。
しか〜し、とにかく天気が悪くて寒い(^_^;)。今日は観光はしないつもりなので問題ないと言えばないのですが、割と薄着だったAちゃんとOちゃんは寒がってました。

宿に到着したのは4時頃。今井浜海岸のかね吉ホテルという宿で、Kちゃんが予約した旅館です。改装工事中ということで外側には足場が組まれていたりしましたが、中はなかなか綺麗。

部屋は4Fで、お風呂は1F。露天風呂が2Fで食事をとる宴会場は3Fということでした。
部屋につくと、TVを見たりおしゃべりしたりしつつ、部屋に出されていたお菓子を食べ、お茶を飲んで一休み。
窓からは海が見え、海無し県の山梨県で育った私達はちょっぴり心ときめいてしまいました(^_^;)。
夕食は6時からだということでその前にお風呂に入ろう!!と1Fのお風呂に向かいました。露天風呂は8時から12時までしか使えないからなのです。

お風呂はなかなか広くて快適。私の使っているヴァーナルの洗顔石鹸を試したいというOちゃんに貸してあげたり、お腹が出てるよ〜ダイエットしなきゃ〜などときゃいきゃい騒ぎながらお風呂に入りました。
お風呂のお湯は塩素泉で、ちょっとプールみたいな匂い(笑)。
温度は熱すぎず、もちろんぬるくもなくてとても快適でした。

そして、お食事!最近、食べ物の話ばかりだね〜と言われたことのあるこの日記ですが、これを書かずにいられましょうか!!

まずは伊勢エビのお刺身。ほのかに桃色がかった透明の身はぷりぷりとした歯ごたえ。これが感動的に美味しい!!!
他のお刺身も美味しいし、伊勢エビにクリームソースをかけて焼いたものや、お蕎麦、ワタリガニ、煮魚、ご飯にお漬け物〜何もかも美味しい〜っ。
デザートのイチゴと山桃の実も最高に甘くて美味しい!!!
だけどだけどだけど。本当に最高だったのは海鮮鍋。お刺身にした伊勢エビの頭やしっぽを贅沢にだしに使い、貝やお魚、白菜、春菊などを入れたお鍋は本当に美味しい。何が美味しいってそのだしです。あっさりとした味でちょうどよい濃さ。そして美味しすぎる伊勢エビのだし。最後にきしめんを入れて食べたのですがそれも最高でした。

食事の後、露天風呂の時間にはまだ早かったので旅館の近くにあったコンビニに行き雑誌やお菓子、ジュースなどを買ってきました。
OちゃんやKちゃんが買った2種類の恋愛占いの雑誌をみんなでわいわい騒ぎながらやったり、お菓子摘んだり、お化粧の話やダイエットの話、彼氏の話なんかで盛り上がっていると本当に女の子だな〜って感じ。

8時にすぐだと混むかな〜ということで9時過ぎに露天風呂にいきました。誰もいなくってラッキ〜。
露天風呂もとってもナイス!でも、ちょっとお湯の水位が足りない感じ。誰もいないことを良いことに寝転がってお風呂に入ったりしてやっぱりおしゃべりしてました。

ほくほくに暖まって部屋に戻り、買っておいたジュースを飲んだり占いの続きやったりテレビ見たりしてしばらく過ごしていましたが、いつも真っ先に寝ちゃうOちゃんが寝ちゃってさらにAちゃんも寝ちゃったので私とKちゃんも寝ることにしました。

いやぁ。やっぱり温泉っていいわぁ。ストレスも吹っ飛びます。極楽極楽(笑)。

[TOPへ]

1996年05月19日(日) 温泉旅行2日目

温泉旅行の2日目。食事の準備が出来たというTELで8時に起こされました。
昨日結構遅くまでKちゃんとTV見たりおしゃべりしたりしていたので、とても眠〜い。

朝御飯を食べに宴会場に行くと、なんと朝からイカのお刺身付き。甘くてとっても美味しい!鰺の干物もやっぱりとっても美味しいし、海苔のお味噌汁も美味しい。
温泉卵も美味しくて、もうみんな無言でむぎゅむぎゅ食べてました。

朝食後、ひとっ風呂浴びてこようと「眠いからいいや〜」というOちゃんをおいて3人でお風呂へ。朝風呂も気持ちよく上機嫌な私達。

お部屋に戻って今日の予定を話し合いました。帰りも特急は自由席で変える予定だったので、途中の駅よりは始発の下田の方が座れるだろうと下田方面に向かうことを決め、ガイドブックを見て下田海中水族館へ行くことに決めました。

ところで今回は行かなかったのですが(以前の旅行でいったことがあります)熱川のバナナワニ園の広告看板ってちょっと怖いです。(その写真(約48KBytes))

今井浜海岸から普通電車で下田まで。下田に到着するとコインロッカーに荷物を預け、バスで7分ほどの下田海中水族館へ向かいました。

バス停の側で売っていた「いずみかんソフトクリーム」にひかれつつもとりあえず入園。1,700円はちょっと高いかな〜といいつつ、中へ。
中には大きな水槽があっていろんな魚が泳いでいて見ているだけでも飽きない感じ。
とても可愛らしいぺんぎん(ぺんぎんの写真(約46KBytes))や、水中で眠るのんきなあざらしを見たり、ウミガメを見たりしました。
それから、イルカの餌付けもやっていたのですが、もう受付が締め切られていて私たちはそれを上から見てました。でも、見てるだけでも楽しかったのです。

そして、アシカのショーも見ました。
最初に登場したのはオスのジャッキー!ゲーマーな私はその名前にうけつつショーを見守りました。ジャッキーの特徴は大きな声。大声で吠えて挨拶してくれました。元気にジャンプもしてました。でも…たいして芸はなかったかも(笑)。
ジャッキーの次に登場したのがメスの2頭。アンとラン。
お転婆なアンとのんびり屋のランという説明でしたが、確かに見ているとアンちゃんの方がお転婆っぽいかも。トレーナーのお兄さんが説明している間に台から飛び出して泳ぎに行っちゃったりしてましたから(笑)。
アンちゃんとランちゃんの後に登場したとりはメスのエリー。ボンベをつけたトレーナーのお兄さんと水中でくるくる回ったりする様子はとても可愛らしく「お兄さん好きっ」って感じに見えました。BGMもなんとなくムードのあるラブラブな曲だったし。

アシカのショーを堪能した後は、ラッコやいそぎんちゃく(とっても綺麗な紫色のいそぎんちゃくの写真(約63KBytes))を見たりして楽しみました。

ちょうど帰る際にイルカのショーもやっていてそれを見つつ、バス乗り場の方へ。
やっぱり「いずみかんソフト」を食べようということになり、4人分注文すると、お店のおじさんがとても嬉しそうに「これはみかんを絞ってそれをバニラのソフトクリームに混ぜたものだよ」と説明してくれました。
激しいオレンジ色かと思っていたソフトクリームはとっても上品なほのかなオレンジ色で最初はバニラソフトなのに後味がみかんって感じの味でした。

海中水族館を後にして、バスを途中下車。名前は忘れちゃったんですが、お寺を一つ見学しました。
宝物館には唐人お吉の絵物語があり、よく話を知らなかった私は「こういう話だったのかぁ。かわいそうな人だなぁ」と思いつつそれを眺めました。
その宝物館…道祖神としてあがめられていたようなあやしい形の石とか、インドのHっぽい仏像とかが展示されている部屋があり「ひゃ〜」とかいいつつ一応見学(^_^;)。いや〜ん、なんかH(^_^;)。

すでに3時近くなってしまい、まだだったお昼を食べようとその近くの平野屋というステーキハウスへ。ステーキはさすがにちょっとということで4人とも頼んだ「牛たたき定食」がそれはもう美味しかったのです。
なかなか出てこなくって遅いな〜と思っていたんですが、丁寧に作られたボリュームたっぷりの牛たたき、添え物としては十分過ぎる3品の煮物とお味噌汁と美味しいご飯に少し高めの2,200円という価格にも納得でした。

その後、バスの時間もわからなかったのでタクシーで下田の駅へ移動。4人で割ったらバス代よりちょっと安いくらいでした。ついたのは16:00過ぎ。しかし、電車の時間帯がうまくあわず、17:33発のスーパービュー踊り子に乗ろうということになり、結局指定席を取る羽目に。
けれど、それだけ安心してお買い物ができるよね〜と土産物屋をのんびり回り、いろいろお土産を買い込んでいるうちに時間も来たので電車に乗り込みました。

スーパービュー踊り子は座席もゆったりとしているし、窓が大きくて眺めも良くとっても快適。
しばらくお菓子を食べたりしながらおしゃべりしていましたが、疲れも出て爆睡してしまいました。
Oちゃんは横浜で降り、残りの三人は終点の新宿まで。
新宿から甲府行きの電車に乗るAちゃんと別れ、山手線でKちゃんと恵比寿まで。それから日比谷線に乗って帰りました。

たった一泊二日の旅行でしたが、温泉は気持ちよかったし、食べ物は美味しかったし、友達といっぱいおしゃべりできたし…充実した週末でした。

[前の日記へ][TOPへ][次の日記へ]

ご感想・ご意見はこちらまで
平田優子E-mail Address:yuko-h@sannet.ne.jp