日記総合日記
1998年03月14日(土)


[優子の部屋 HOME] [総合日記]

法事

早いもので今日は父方の祖父の三回忌でした。
命日自体はもう少し後なのですが、いろいろな都合により今日になったのでした。

…という訳で本日は五時起き。ねむ〜い。
六時には家を出て、旦那さんの車で実家の山梨を目指します。
料金所で見ると中央道が9kmの渋滞。
「でもまあ、9kmくらいじゃ可愛いもんだよね」と言おうとしたところ、「でもまあ9kmくらいじゃ…増えてる!!」と見ているうちにその表示が10kmに増えています。
渋滞に巻き込まれる前のPAでちょっとトイレ休憩。
PAにあったパネルを見るとどうやら事故渋滞らしい。
渋滞はじわじわ長くなっていて、17kmとか言ってます。
「ごめん、悪いけど起きてるとまたトイレ行きたくなりそうだから寝るわ」とぐーすか寝ていた私は気付きませんでしたが、渋滞を抜けるのに一時間くらいかかったそうです。
ぐーすか寝ててごめんよ、旦那さん。

まあ、そんなことがあっても大丈夫なように早めに家を出たので問題なく着きました。
三回忌の法要を行うお寺さんはうちの斜向かいなので近いのだ。
少しくつろいで軽食を食べた後、着替えてお寺に行きました。
庫裏ではじまるのを待っている間に父が親戚に旦那さんを紹介。結婚式に呼んだ親戚以外には今回が初めてでしたからねぇ。
同じ渋滞に巻き込まれ間に合うかどうか危ぶまれた親戚や母方の祖母も間に合ったので良かったです。
お寺での法要は問題なく終わり、お墓参りの後、甲府市内のホテルでのお食事も無事に終わりました。
食事はちょっと量が多めだったかなぁ。こういうのにしては珍しいかも。

その後、私の荷物で新居に運び忘れたものがある筈なので(CD等)それを捜索。
見つかったのは良いのですが思ったより量がある。
全部運ぶと新居で困ってしまうので今回は少しだけ運ぶことにしました。
それを旦那さんの車のトランクに積み込みます。

それから実家の近所に結婚報告のご挨拶。住んでいる訳じゃないからしなくても良いんじゃないかな〜と思いつつ、そうもいかないのが田舎なんですよねん。
父に連れられ旦那さんと一緒に何軒か回りました。お留守のうちも多かったですけれどね。
そのついで帰りに地元の山梨日日新聞のホームページのマップに載っていたうちのすごく近所の古墳を少しだけ探したのですが、近くに立っていた絵地図にも全然載っていないし、父も知らないと言うので「きっと大したことないんだな」と思い帰ろうとすると…旦那さんが叫びます。
「あ!あった!」
「え?どこどこ?」
旦那さんが指さした先を見ると、軽く盛り上がった狭い土地がロープで囲まれていて「ここに古墳があります。立入禁止」と小さい札が出ているじゃないですか!
「うそぉ。こんなに小さい?」
と爆笑しつつ、ホントは駄目だけどちょっぴり立ち入ってのぞいてみました。
あ、ホントだ。すごい小さいけれど石室みたいなのがある。
それにしてもこんなに小さい古墳じゃ今まで知らなかったのも無理はありません。
だってあれ、下手すると十畳くらいのスペースしかないぞ(笑)。

夕食は鉄板焼きでした。
美味しかったけれどちょっと量が多かったですね、お母さん。
夕食後家族団らん。
久々に会った弟は花粉症に苦しんでいて大変そうでした。仕事頑張ってるみたいでえらいぞ、弟。
「マルサの女」をやっていたので全員前に見たことがあったのに家族で見ました。やっぱり面白いや。でも意外な程内容を覚えていませんでした。
その後睡眠。
朝早かったのでさすがに眠かったな。


ご感想・ご意見はこちらまで
平田優子E-mail Address:yuko-h@sannet.ne.jp