日記旅行日記
1998年07月26日(日)


[優子の部屋 HOME] [総合日記]

北海道旅行2日目 登別・洞爺湖

朝風呂に入ろうかなぁ…とそれを考慮した時間に目覚ましをかけたものの、挫折。
これは友達と旅行に行ったりしてもそう。なんか朝風呂に入りたいなぁといつも思うもののちゃんと入ったことないような気がする(笑)。
朝食はバイキングでした。とりあえず牛乳をごくごく飲みました。

北海道旅行2日目の今日はなんだかお天気が思わしくないです。いやーん。
心配だった旦那さんの体調ですが、ちょっと頭がいたいということで大沼プリンスの売店で買った頭痛薬を飲んだらすっかり回復したそうです。良かった。
大沼を出発し、登別を目指します。
延々と続く道のり。
カーナビの画面に一つも目印がなかったりして…いやぁ、北海道って広いわぁ。
ケンタッキーフライドチキンの鶏を育てている農場がある八雲町を通り過ぎたりしました。
で、私はまたしても車の中でぐーぐー。旦那さんごめんね。
延々と走っているうちになんか雨が降り出してちょっとブルー。
そんなに大降りではないんだけれど、ガスってます。なんか広大な景色もちっとも見えないって感じ。

で、到着した登別では、以前北海道旅行に行ったうちの弟おすすめの登別クマ牧場へ向かいました。
クマ牧場は山の上にあるのでロープウェイで登ります。クマ牧場まで約7分。でも雨降ってるし、ガスで何も見えません。一つ前のゴンドラがやっと見える程度。2つ前になるともう見えないのです。
お天気が良かったら眺めが良さそうなだけに残念。
クマ牧場について、とりあえず昼食。
クマ牧場内の食堂はなんだか…普通の観光地の食堂と言う感じで私はラーメンを食べました。味は普通。
そうそう。クマ牧場から天気が良ければ倶多楽湖が見えるという話だったんですが、雨のため展望台が閉鎖されていたのでした。雨、嫌ねぇ。

で、クマ!
残念ながら今年は小熊が生まれなかったということで、小熊は見れなかったのです。残念〜。
さて、直径3センチくらいの丸い焼き菓子みたいなものがクマのおやつとして売っています。一袋100円。とりあえずそれを一人1袋ずつかって第二クマ牧場に向かいました。
第二クマ牧場にいるのは若いメス。
餌を投げると上手にキャッチするし、手を振ったり手を叩くようにしたり、様々な仕草で餌を要求します。うう、可愛い〜。
弟の話ではかなり臭いということでしたが、雨のせいかあまり感じません。それはラッキー。

それから面白かったのが人のおり。
ちょうどクマのいる真ん中に人の入る部屋があってそこから餌をあげられるのです。
餌をあげるための仕掛けは…なんかピンボールのスタートのところみたいな感じで球状のお菓子をいれて、バネのついた押し出し棒を引っ張ってボーンとクマのところに押し出すのです。
クマったらその筒になっている出口で待ちかまえてるし、そこから息吹き込むし、激しく餌くれアピールするし…やりたい放題で可愛かったわ。
第一牧場の方はオスがいるのですが、こちらは第二牧場のメスよりもやる気ないし、キャッチも下手。
…ということでお勧めは第二牧場ですね。

それからアヒルのレースを見たり(赤い首輪のアヒルにかけたけれど外れちゃった。当たれば記念品がもらえたのでした)、リスの村を見たりしました。
でもリスの村…エゾリスもシマリスも一匹しか見えなかったぞ(^_^;)。過疎化が進んでいるから村?
でもエゾリスちゃんは遠くにいたのに私達が見に行った途端近づいてきて目の前で可愛らしく餌を食べてくれて、他の人達が近づいてきた途端に遠くに行っちゃったのでした。私達だけにサービス?
それから食堂の2階のクマ博物館を見たり、クマのショーを見たり、餌やるのがあまりに楽しすぎてもう三袋も餌買っちゃったりして、クマ牧場を後にしました。

それから向かったのが地獄谷。
クマ牧場からのロープウェイの帰り道からすでに硫黄臭さが漂っていたんですが、ここはもう本当に臭い!
でも臭いとなんだか意味もなく騒いじゃうんですよね。
笑いながら「臭い、臭い」って盛り上がっちゃうんですがそういうことってありません?
一周10分ほどの遊歩道を歩き、昔このお湯で目を洗ったらホウ酸が含まれているので病気が治ったというとてつもなく臭くて熱いお湯をくんでみて匂いを嗅いだり(爆裂臭かったです)、吹き出しているお湯を見に行ったりしました。ああ、臭かった。

で、地獄谷の駐車場と共通でちょっと奧の「大湯沼」ってところにも止められるということで、急ぐ旅じゃないしもったいないので行ってみました。
大湯沼っていう位だから温泉わいてる沼?…と軽い気持ちで見に行ったんですが、これがすごい。
とりあえず臭い(笑)。
しかも周囲1kmくらいあるこの沼、全部温泉。しかも表面温度が50度。源泉は130度。ひぃぃ。こりゃ熱い。
もう一つすぐ側にある奧の湯沼(だっけ?)の方は狭いですがもっと熱い。表面ですら80度あります。登別の国立病院で使われているお湯だそうです。
でもとにかく、ああ、臭かった。

一通り観光した…ということで、今日のお宿、洞爺湖観光ホテルに向かいました。
時々喋る無口なカーナビ君の活躍ですんなりスムーズに行けました。
到着すると、山口県の高校生が修学旅行で来ていて、7時〜八時半の間はお風呂が使えないということ。でもちょうどその頃食事にしようと思っていたので問題なし。
お部屋は洞爺湖がよく見える部屋。

雨もやんでいて風が気持ち良い。
少しぶらぶらと洞爺湖畔を歩いたりして、七時頃からお食事です。
夕食はお部屋でした。いかにも温泉旅館の料理!と言う感じの品数、ボリュームたっぷりのお料理でした。美味しかったですが、やっぱり多かったです。
で、食事の後は楽しみだった花火大会。
洞爺湖では4月〜10月の間毎日花火をやっているんです。20分間の花火ですが、部屋から見れるということで部屋の電気を消して窓際に椅子を寄せて見ました。
湖の中にいる2台のボートから打ち上げです。
花火大会が始まるといきなり目の前。感動。
が、この2台のボートが各ホテルの前に移動しながら打ち上げていくので、いきなり目の前だった我々のホテルからはどんどんどんどん遠ざかっていくのです。それがちょっと残念でしたが、じっとしていて上に打ち上げるボートと、機動力をいかして湖に花火を落とし湖から吹き上げるような花火をしかけるボートに分かれていたので、「お、機動部隊が動いた。くるぞ!」とか言いながら盛り上がっていました。

それから温泉。
ジャグジーが気持ちよかった。打たせ湯も良かったし。
露天風呂は…屋根もついていたし、回りもきっちり囲まれていたので何も見えませんでした。あまり露天気分じゃなかったかも。

そうそう。
今日はお天気も悪かったし、涼しかったので旅の目標の一日2ソフトは全く達成できず。今日のソフトは0でした。


ご感想・ご意見はこちらまで
平田優子E-mail Address:yuko-h@sannet.ne.jp