日記ゲーマーズ日記
1998年10月10日(土)


[優子の部屋 HOME] [総合日記]

東京ゲームショー

昨日、今日、明日の3日間、幕張メッセでは東京ゲームショーが開催されています。
このイベントは、CESAというゲームソフトソフト業界の団体が主催していて、春と秋に開かれています。今回は5回目です。
コンシューマー系のゲームソフト中心のショーで、各ゲームメーカーが新作ソフトや新作ハード等を思いっきり紹介してくれるショーです。
各ブース毎のイベントもたくさん企画される賑やかなショーです。

前売り券を買おうと思っていたら、先日うちの会社で、希望者に前売り券をただでくれるという話になりました。今回のゲームショーに特別協力してるんです、うちの会社。きっとそれで前売り券があったのね。
前売りは1枚1,000円。当日券は1枚1,200円ですからただでもらわない手はないですよね。
しっかり旦那さんの分と2枚ゲットしました。

今回、このゲームショーを見るために岩手在住の友人N君もわざわざ幕張に来ることになっていて、N君のHPのチャット常連メンバーも来るということで「せっかくだから集まることにしよう」と事前にチャットで打ち合わせしました。
幕張が全然わからないN君のために、待ち合わせ場所周辺の写真にリンクを張ってくれる人がいたり、私は海浜幕張に勤めていたこともあって知ってますからいろいろ説明したり…。
こういうことができるのってやっぱりインターネットって便利。

待ち合わせは12時に海浜幕張の南口の階段降りた付近です。
我々は車で出かけ、プレナ幕張の駐車場に車を止めて待ち合わせ場所に向かいました。
海浜幕張の駅ではドリームキャストのティッシュを配っていたり、大きな看板が出ていたりして、SEGA頑張ってるな〜って感じ。
待ち合わせ時間には早かったんですが、N君の東京到着予定時刻から逆算するともう海浜幕張に着いているんじゃないか…とN君のPHSにお電話。

すると、もう改札を出るところとのこと。
そのまま電話で誘導して「階段の下の電話ボックスで電話してるよ〜」と言うと「あ、もう見えるかも」という反応。
んー、どこかなぁ。
あ、発見。
手を振ってみると向こうもわかったようで手を振り返してくれました。
で、無事N君と合流。
お土産の盛岡名物冷麺をいただきました。チャットで冷麺食べたいって書いたのを覚えていてくれたのね〜。ありがと〜。

このN君、元々ニフティで知り合った我々夫婦の共通の友人で遠くに住んでいるため、私は実際に会うのは今回が2回目。(旦那さんはもう少し会ってる)
でもいつもオンラインでお話しているので会うのが2回目でもよそよそしい感じとかは全然ないです。
しかもN君は私をHP作成の師匠と慕ってくれていますので、私を呼ぶ時は「お師匠様」なのです。ふはは。お師匠様である。←いばるなって。

それから、あれよあれよと言う間に、N君のチャットの常連メンバーも集まり、会場へ移動することに。
さて、到着したメッセはうんざりする程の人の列。
いやーん。

が、N君達と楽しくお話したりしているうちに、行列が長い割にはスムースに入場できました。昨夜仕込んでおいたメタルギアソリッドがらみのネタがN君に超ヒットだったので私としては満足だぞ。
さて、入場したところで、さっそくはぐれかけた我々。会場のあまりの混雑振りとそれぞれ見たいブースが違うだろうということで「どう考えても団体行動は無理」と解散ということになりました。
N君ご一行はゲームショー後に合流し、秋葉原に行くとのことでしたが、我々夫婦は別の予定があるから、これでN君達とはお別れ。
あまりにも短い時間でしたが、それでも久し振りに会えて楽しかったぞ!

さて、今回の目玉は何と言ってもSEGAの新しいゲーム機、ドリームキャストが大々的に発表されるというところにあります。
会場入ってすぐに目に付く「なると」のようなドリームキャストのマークが派手なSEGAブース。おお、目立ってる目立ってる。
あ、でもあっちのソニーのブースにはムームー星人のアドバルーンだぁぁ。
いきなりきゃあきゃあはしゃいで子供モードに突入してしまう私。
あああ、こういうイベントって本当に楽しいなぁ。

しかし、ゲーム以外のものもあるおもちゃショーに比べるとやっぱりコンピュータゲームばかりの会場って落ち着かないし騒がしいですね。

さてさて、実は今日の私の最大の目的は、SEGAブースで2時に行われる光吉猛修さんのライブイベントなのです。
光吉さんは、SEGAの社員でバーチャファイター等の開発チームであるAM2研のサウンドチームに所属している方です。
デイトナUSA、バーチャファイターシリーズ等のボーカルアルバムも出していて、もしかすると私が今一番好きなボーカリストかもしれないです。
グーっと伸びる声がとても素敵なのです〜。
ちなみに光吉さんに関してはこのサイトが詳しいです。今回のライブがあるという情報もこのサイトからゲットしたのでした。感謝です。

光吉さんのライブの詳細を調べようと真っ先にSEGAブースへ向かいます。
ちょうどそこでは、あの湯川専務の名刺交換会イベントが行われていました。(実際には名刺交換と言うよりは湯川専務の名刺をもらって握手するイベントでしたが)
で、肝心のイベント情報の方はあまりの人混みで確認できなかったし、まだ時間があるのでいろいろ見て回ることにしました。
ドリームキャストのデモもいろいろやっていましたが、プレイをするために並ぶのはいやだったので眺めるだけにしました。
でもソニックもバーチャファイター3tbもグラフィックは綺麗だし、動きも良いし…期待できそうな感じですねェ。
本体が思っていたよりも小さかったのも印象的でした。こんなにコンパクトで驚くべき性能なんだなぁ。
本体価格29,800円で通信対戦やインターネット接続までできちゃうんですから、すごいですよね。

スクウェアブースはブース入場40分待ちという状態。しかし、私がどうしてもチェックしたかったのは「サガフロンティア2」だけだし、それはブース前の大きなスクリーンでデモ流していたのでそれで満足。ブースには入りませんでした。
ほんわかした絵柄と派手な戦闘シーン…デモを見た感じでは97年私が選ぶBEST GAMES1位の「サガフロンティア」の続編に相応しく、「サガフロンティア2」は更に私好みの方向に進化しているようです。
これは発売が楽しみだ…。

他に良かったものとしては、バンダイブースで展示されていた携帯ゲーム機ワンダースワン。
白黒ですが解像度も高そうだし、軽いし、単3乾電池1本で動くというのも良いし、縦でも横でも使えるというのも良いですね。
本体価格も4,800円とソフト1本分くらいの値段だし、これはソフトのラインナップによっては買う可能性が高いですね。
本体カラーがいろいろあるのもゲームボーイの競合っぽいですが、私が買うならブルーメタリック(だっけな)かな。スケルトンは好きじゃないので。

プレイステーション用のPDAもデモしてたお姉さんに説明されながら触りました。
あれをPDAと呼ぶのははっきり言って反対なのですが(だって、何をアシストしてくれると言うの?)操作性というか、キーレスポンスは良かったです。
先行発売していたドリームキャスト用のビジュアルメモリのレスポンスが悪い、悪いと旦那さんが愚痴っていたので、この分野ではソニーがリード?とか少し思いました。

さてさてさて。
やっと確認できたSEGAブースのイベント情報では「バーチャファイター3tbバトル」としか書いてなかったのですが事前に光吉さんライブがあることは確認済みだったので時間を見計らってSEGAブースに戻ります。
一番楽しみだった歌うSEGA社員、光吉さんのライブ。
光吉さんのライブを見るのは初めてなのでドキドキです。
1時半頃、前のイベントが終わったのを見計らってSEGAブースに入りましたが、結構後ろの方になっちゃったなぁ。
しばらく座ってスクリーンに流れるドリームキャストの紹介を見ながらイベント開始を待ちます。
しかし、人が増えすぎて通路に溢れ、座っていた人も立ち上がり前に詰めることになりました。

光吉さんは黒ずくめの姿で現れ、「バーチャファイター3 On the Vocal」からジャッキーのイメージソング「Brave It Out」を熱唱。
ヘッドセットマイクが壊れそうになって焦ったり、喉が辛いのか間奏でお茶飲んだりしながらの熱唱でした。
でも、ブース内は一部の光吉さんファン(私含む)が盛り上がっているだけで、「それよりバーチャ3を早く見せろ」というような雰囲気が漂ってました(/_;)。

1曲歌い終わって一息着いた後、開発状況についてのトークがあったり、光吉さんとお客さんのバーチャ3での対戦があったりしました。
開発状況は現状で80%とのこと。こんなに良く出来ていて80%かぁ、楽しみです。
ドリームキャスト版での追加要素はまだ秘密とのこと。
対戦の方は対戦相手に指名されないかと一生懸命アピールしたのですが、前の方の人ばかりで駄目でした。
光吉さんと対戦したのは3人で、女の人と、子供と、男の人。
光吉さんは3回ともチームバトルの3キャラクターを全て影丸にしていました。光吉さんはこの影丸の声も当てているのです。
パッドでのプレイだったせいか、本当はウルフ使いの光吉さんには影が辛かったのか、光吉さん弱すぎ!なんと全敗でした。
ちょっと優勢で1セット取った時には「修行が足りん!」と影の生セリフ。でもその後で「そんなことないですよ、ごめんね」と謝ったりして「ああ、光吉さんって良い人」と思うのでした。ますますファンになったよ〜。
対戦した人は光吉さんと握手できるし、いろいろプレゼントもらえて羨ましかったなぁ。

さて、対戦が終わって再びライブ。
同じく「バーチャファイター3 On the Vocal」から影丸のイメージソング「陽炎」。
高い部分での声が裏返ったりしていましたが、光吉さんは強引に誤魔かしていました。
ちょっぴり歌詞を間違えたりもしてたな。
最後の曲はOn the Vocalに収録され、しかもシングルカットされている「君がいない夜」
私の使用キャラ、リオン・ラファールのイメージソングです。
光吉さんのライブはとても楽しめましたが、3曲だけだと物足りないし、光吉さんのライブ目当てのお客さんばかりじゃないからノリもいまいちだし…光吉さんのライブ、こういうイベントじゃなくって純粋にライブとしてやってくれないですかねぇ………。
CD出して、その上ライブするサラリーマンってのも…変か。

光吉さんのライブを見終わった後は、別のホールの方のブースもざっと回りました。

ちょっと印象的だったのはコンパイル。
ゲーム出典ブースよりも物販ブースの方がずっと大きかったところにこのメーカーの現状が見えるような気がします。
もみじ饅頭のぷよぷよバージョンである「ぷよまん」は私達が見た頃には売り切れていました。

たまたまイベントステージのあるホールに行っていた時、私の大好きな「ワールドネバーランド」の続編の紹介イベントをやっていたので眺めました。
開発者自らプレイしながらの説明はわかりやすかったです。
画面をぱっと見た感じではほとんど変わっていないように見えるワーネバですが、すごく良い方向に進化しているようで来年の発売が楽しみです。

会場内を一通り見た後、メッセ内のカフェテリアでお茶を飲み休憩。
それから国際会議場の方で開かれているワーネバの別イベントにちょっとだけ顔を出して家に帰りました。

あああああ、足が疲れた。

しばらく休んでから着替えて再び海浜幕張方面に出かけます。
実は今日は結婚1周年なので記念のディナーです。
幕張プリンスの49Fのイタリアンレストランでお食事なのだ〜。
さすがに平成10年10月10日。結婚披露宴がずらーっと並んだ表示を見て感心してしまいました。今日会場を押さえるのは相当競争率高かっただろうなぁ。
そう言えばお昼の待ち合わせの時、ゲームショーに向かう人並みに困惑の表情を浮かべていたいかにも披露宴に行きますっていう服装の人いたっけ………。

窓際の席は、マリンスタジアムなんかも良く見えて良い感じだったし、食事もとても美味しかったです。旦那さんはスズキの香草焼きの方が気に入ったようでしたが私は鴨のローストが美味しかったな。

今日はゲームショーを見ている間とかも「去年の今頃は○○してたね」と去年の結婚式の事を思い出したりしていました。
1年って早いな〜。
この調子で2年、3年とどんどん重ねていきましょうね〜。


ご感想・ご意見はこちらまで
平田優子E-mail Address:yuko-h@sannet.ne.jp