祥林山 福寺


足利の街並みを守ろう 区画整理反対

歴史都市構想推進会議設置準備会

足利源氏2代目義兼公の法界寺

足利高福寺

坐禅をしよう

東松山市 区画整理反対

 

高福寺(曹洞宗)〒326-0803 栃木県足利市家富町2523 tel; 0284-21-6206                               現住職 武井全補

 

 中世より古庵として在った。万治2年(1659年)に牛堂和尚が玄修和尚を勧請し、曹洞宗として開創。本尊は阿弥陀如来。現在の本堂と庫裡は天明2年(1782年)当寺第10世道富和尚の代に、山門は第11世鉄巌和尚の代に、書院は昭和49年(1974年)第17世哲應和尚の代に建立。

 本堂の右手に六地蔵、思惟菩薩、蓮華手菩薩などの石仏と地蔵堂(閻魔堂)在り。

 故武井哲應和尚の元で大勢が坐禅し、師の遷化後も坐禅会は継承され現在に至る。

 

地蔵堂(閻魔堂)

 地蔵菩薩、閻魔大王及び十王、計12体を安置。地蔵は延命地蔵で、当寺第4世の門宅和尚が天和2年(1682年)に修復されたが、どういう訳か、頭が傾いてしまった。当時はよく飢饉があったので、飢えた衆生を悲しみ、いつでも救済に出かけられる用意をしていたのでしょう。

 平成10年(1998年)に再び修復を施す。頭の傾きが往時のままでいるのは、やはり、昨今の信念信仰の頽廃を憂え、ストレスが多く、地獄、餓鬼、修羅に苦しむ衆生を救うのだと憶念しているようである。

 

武井哲應和尚

 明治43年(1910年)秋田県雄勝郡羽後町の農家に生る。

 9歳で近所の大慈寺に預けられ、15歳の時、得度。駒沢大学で学問。秋田市源正寺、秋田県角館町雲巌寺、福井県小浜市発心寺、横浜市総持寺、上海に行脚。

 昭和16年(1941年)高福寺第17世住職。本山の役職、足利工業大学理事、学監を歴任。30有余年にわたり道元禅師の説かれた正法眼蔵を提唱。多くの著書や書画あり。

 歌人の松葉直助、書道家の相田みつを、画家の石井壬子夫 などが参禅す。

 昭和62年(1987年)77歳遷化。

高福地蔵

六道に陥り苦しんでいる人々を救う

地蔵様の化身

閻魔大王

過去の行いを全て見抜いて、その罪業を裁く地獄の裁判長

足利の街並みを守ろう区画整理反対 | 歴史都市構想推進会議設置準備会 足利源氏2代目義兼公の法界寺| 足利高福寺 |坐禅をしよう  東松山市区画整理反対


zentake@sannet.ne.jp